• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

三都主ラストゲーム!? 日本に帰国の可能性も!?

三都主アレサンドロ

サンパウロ州サントス市で、サッカーブラジル杯サントスFC対マリンガFCが5月13日に行われ、元日本代表の三都主アレサンドロがマリンガFC選手として後半12分から途中出場した。

「ペレやネイマール、カズさんもプレーした伝説的なスタジアムでプレーできて嬉しかった。負けたことは悔しいが、相手はビッグクラブ、こっちはパラナ州のまだまだこれからのチーム、実力差を考えると、よくやったと思う」と三都主は試合翌日に振り返って語った。

1月半ばにブラジルに帰国し、同月末に地元マリンガFCと契約。途中出場で流れを変える攻撃の切り札として、パラナ州選手権の多くの試合に出場し、4月29日のマルセッリ戦では、自宅すぐ近くのホームスタジアムでゴールも挙げた。

三都主が試合に出始めると共に、マリンガFCも順位を2部降格圏から4位まで上げたが、優勝決定プレーオフトーナメントの1回戦で、2014年の同選手権の決勝戦でも戦った、同じパラナ州北部に本拠を置くライバルのロンドリーナに惜しくもPK戦の末に敗れた。

三都主の契約はパラナ州選手権の終了までだったが、チームがブラジル杯にも勝ち残っていたため契約を延長していた。まさに一戦一戦が「負けたら最後になるかもしれない」との覚悟で臨んだ試合だった。

しかし三都主選手の奮闘空しく、サントスFCが後半ロスタイムにリカルド・オリベイラの挙げた得点により1対0で勝利した。

「相手には2006年W杯ブラジル戦以来、9年ぶりの対戦になるロビーニョもいたけれど、とにかく勝つために必死だった。結果は負けだけど、サントスまで駆けつけてくれたマリンガのサポーターが試合後に名前を呼んでくれて、自分のやってきたことは間違いじゃなかったと思える。ゴールがオフサイドで取り消されなければなあ」と悔しさと充実感をのぞかせた。

マリンガからサントスまでは直線距離で575キロも離れており、東京から岡山間(536キロ)より遠い。

今後については「一度契約は終了。マリンガFCはしばらく23歳以下のチームの大会しかなく、当然それには参加しない。ひょっとしたらサントスFC戦が最後だったかもしれないが、まだオファーが来るかもしれないし」と明言を避け、「両親にユニフォーム姿を見せられたし、ゴールも決められた。サントスFCとも戦えた。最初に想像していた以上のことができて満足している」と結んだ。

「帰ってきたばかりで家族が暮らしになじむためのサポートもしていきたいから、すぐにマリンガを離れる気はない。でも日本で監督ライセンスも途中まで受講していたから、数年後には日本で指導者になる可能性もあるかもしれない」と含みをみせた。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Eva Anori/Maringa FC)
パラナ州選手権でプレーする三都主

■関連記事
国籍を超えた愛に終止符。外交官の夫が伯人妻を殺害
麻布十番に炭火焼きシュハスコ・レストラン「ゴストーゾ」見参
交通事故に気をつけて! サンパウロ市内の危険道路リスト
ビーチサンダルブランド「Ipanema(イパネマ)」、日本初の直営店がグランドオープン
ちょっと残念、首都ブラジリア

このエントリーをはてなブックマークに追加