• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの先住民の子どもの死因、16%は感染症と栄養失調

先住民の子どもの死因

アマゾナス州ヴァーリ・ド・ジャバリにあるマヨルナ族の酋長アントニオ・フローレスさんの娘イングリッドちゃんは4日間しか生きられなかった。

3月29日に執り行われた葬儀には、多くの親族が各集落から長い道のりをかけて集まり、イングリッドちゃんの遺体は同州アタライア・ド・ノルチ市に埋葬された。

フローレスさんは葬儀の最中、出産したタバチンガ病院が赤ん坊に点滴をやりすぎたことが死因ではないかと看護士に詰め寄ったが、公式な死因は妊娠中の問題によって引き起こされる感染症と発表された。

5月17日付「フォーリャ」紙によれば、2012年の先住民の乳児死亡率(1歳未満での死亡率)は国全体の平均の倍以上で、風邪などの感染症と栄養失調が16%を占めた。

風邪による死者は13%で、2000~11年の1~5歳の子どもが気管支系疾患で死ぬ率の倍以上だ。

マットグロッソドスウ州のグアラニー族では栄養失調による死者が40人おり、栄養失調で死んだ乳児の17%を占めた。グアラニー族はブラジル先住民の5%を占める。

ヤノマニ族は先住民人口の2.5%を占めるが、同族の乳児期の死者は先住民全体の17%を占めており、死因や死亡率には種族の差も見られる。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Tânia Rêgo/Agência Brasil)
写真はリオデジャネイロ州マリカーのマッタ・ヴェルジ・ボニータ村で暮らすグアラニー・ンブヤ族のこども

■関連記事
ブラジルはデング熱流行状態。チクングニア熱も患者増加
万引き犯の事情を知った警官、保釈金を支払う
ロックを路上に! サンパウロで「ギターパレード」開催
麻布十番に炭火焼きシュハスコ・レストラン「ゴストーゾ」見参
鬼太郎もびっくり!? 四角いビーチサンダルが注目集める

このエントリーをはてなブックマークに追加