• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ルーラ前大統領、いよいよ出馬準備か。ブレーン召集

ルーラ元大統領出馬準備

ルーラ前大統領は次回大統領選に出馬の噂が出る度にそれを否定し続けてきたが、次回2018年に起こりうる大統領選出馬のためのブレーンを集め始めたと5月18日付「フォーリャ」紙が報じた。

「未来のためのグループ」と名付けられたグループは14年に編成され、ルーラ氏の政策事務所であるルーラ研究所で毎週集っていた。

会合には、同研究所のメンバー始め、フェルナンド・アダジ・サンパウロ市長、ルイス・マリーニョ・サンベルナルド市長、アレッシャンドレ・パジーリャ・サンパウロ市行政関係局長、アルトゥール・エンヒッキ・サンパウロ市労働局長、Coteminasグループの社長を務める企業家のジョズエ・ゴメス氏、アントニオ・パロッシ元財務大臣、ABC金属労組委員長のハファエウ・マルケス氏らが名を連ねる。

ルーラ氏主導の会議では、同氏の主要政策だった社会開発や安定性、人権問題、外交政策などが話し合われている。

ルーラ氏は現ジウマ政権の政局調整のあり方に満足していないが、政策を提案せずに大統領に立候補することはありないと終始繰り返しており、自身が出馬した時に打ち出すべき政策がまだ確定していないことも認めている。

ルーラ前大統領の支持者たちは、前大統領は自身の築いた労働者党(PT)政権の威光が減退するのを恐れており、大統領と共に国民の不満に耳を傾けると共に、解決策を探るために協力者を集め、会議で意見を求めた。

ハファエウ・マルケス氏はすでにルーラ氏を、会議の議長と共に大統領の意味もある「プレジデンチ」と呼び、「会議は(大統領が)今後どのような政治方針をとればよいかについて有意義な示唆を得る場所になっている」と述べた。

ルーラ氏は、労働者党のフイ・ファルカォン党首や中央労組のヴァギネウ・フレイタス委員長などを加えた会合も15日毎に持っている。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Ricardo Stuckert/Instituto Lula)
写真は5月12日、ABC金属労組サンパウロ青少年集会に参加したルーラ前大統領

■関連記事
ブラジルはデング熱流行状態。チクングニア熱も患者増加
魁聖、五月場所で優勝候補に。なるか、ブラジル出身力士史上初の大金星
出会う人はみーんな友達!? 旅行中にたくさんの友達を作る国民、1位はブラジル人
ジウマ大統領がジョー・ソアーリスと会談。「プログラマ・ド・ジョー」への出演を約束か
鬼太郎もびっくり!? 四角いビーチサンダルが注目集める

このエントリーをはてなブックマークに追加