• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「全て事実。後悔している」。デカセギ二人組殺人事件、被告一人が供述、犯行認める。代理処罰申請6件目に進展

東京都葛飾区で2001年6月4日未明、日系人の男二人が暴力団員に雇われ、無職の川上芳考さん(当時33)を、自宅に押し入り拳銃で射殺し、妻に重傷を負わせたとされる事件の被告人尋問が5月25日午後2時半頃、サンパウロ市のバーハ・フンダ刑事裁判所で行われた。

被告二人はデカセギで訪日していた日系三世で、犯行の約2週間後に同じ便で帰伯していた。

日本政府は10年に代理処罰申請(国外犯処罰規定による訴追)をし、マルセーロ・フクダ(35)被告は翌年に当地で逮捕され、サンパウロ市ベレンの刑務所に拘禁されている。

今回はマルセーロ被告のみが出頭、約一時間にわたって供述を行い「後悔している。冷酷で残虐な行為だった」とのべ、公訴事実を全面的に認めた。

「やったことは全て間違っていた。後悔している。事件後は、全然人生がうまくいかなかった」―。

被告人尋問は報道陣にも公開する形で行われ、手錠で繋がれた状態で警官に同行され、同被告が出廷した。「罪を犯したことを後悔しているか」との検察官の問いに早口でこう答え、反省の意思を見せた。

最初に裁判官が黙秘権について説明した後、公訴事実を述べた上で事実かどうかを尋ねると、「全て本当です」と答え、判事、検察官の質問に、よどみのない口調で答え始めた。

供述によれば、フクダ被告は事件当日未明、顔見知りだったデニス(=証人の一人デニス・ユウジ・ヒロタ)という男に誘われ、行きつけだった成田のディスコに、もう一人の犯人クリスチアーノ・イトウとともに出かけたという。

ディスコで二人は、大柄の男をデニスから紹介された。「その男に、幾許かの金と引き換えに仕事をやらないかと提案された」。提案された報酬は、一人100万円ずつだった。

被告二人はその夜、男から現金50万円と共に白い車と銃を受け取り、デニスの運転する車で被害者宅に向かい、近くのレストランで、男から指示があるまで待機した。

その後、川上さんの家に行き、イトウが家の外から最初の一発を撃って侵入したが、その時に銃の挿弾子(複数個の弾薬を装填する際に用いる器具)が外れた。後から家に侵入したフクダ被告が、落ちていた弾を見つけて引き金にセットし、二発目を被害者に向けて撃った。

イトウは川上さんの妻に暴力を振るい、その後二人は現場から逃げた。残りの50万円は、犯行二日後に現金で受け取った。フクダは事件翌日、仕事を無断欠勤し、クビになったという。

被告二人は日本で、勤務していたソニーの工場で知り合い、一年ほど一緒に住んでいた。

暴力団との関係について問われると、「依頼人がヤクザだったかどうかは(そう言われてはいるが)、よくわからない。自分も、知っている限りではクリスチアーノも、一度も暴力団に所属したことはない。(イトウの)刺青も、ヤクザのものではない」と断言した。帰国するための航空券は、用意されたのではなく、自分で購入したという。

日本には犯行までに一年半ほど滞在していたが、フクダ被告はほとんど日本語を話せなかった。犯行に及んだ動機は「残念ながら金だった」と答えた。被害者のことは知らなかったという。

フクダ被告には二人子供がおり、帰国後、カンピーナスで清掃員などとして働いていた。同被告の証言によると2004年、薬物の取引に携わった疑いで逮捕され、有罪判決が出ている(次ページへつづく)。

(記事提供/ニッケイ新聞)

■関連記事
サンパウロ市、公立保育園設置計画に暗雲
伊勢丹新宿店のブラジルウィーク「ブラジル・ファンタスチコ! 祝彩楽園ブラジル」6月3日より開催
JICA横浜 海外移住資料館で「移民画家 半田知雄の世界」展開催
リオ市、ファヴェーラにも自転車専用道を設置へ
第2回 名古屋ブラジルフェスタ2015 会場MAP & 出店リスト

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加