• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル、サッカー界も不景気!? 欧州リーグにおけるブラジル人選手のゴール数、2014年から18%減。ネイマールのみ成績伸ばす

ネイマール

欧州主要リーグにおけるブラジル人選手の存在感が低下していると5月25日付「フォーリャ」紙が報じた。

14/15年シーズンに、スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランスの欧州大陸5大リーグでブラジル人選手が挙げた得点数と出場時間数が、ともに昨シーズンを下回ったという。

イタリアリーグだけはあと1節残しているので多少の数値の挽回は可能だが、他の4カ国のリーグは終了しており、統計への影響は少ない。

今シーズン、ブラジル人選手の挙げたゴール数は196で、昨シーズンの241から18%減少した。

昨シーズンの9得点から22得点に伸ばしたネイマールだけが「ゴール日照りの唯一のオアシス」となっている。セレソン監督ドゥンガ「肝いり」のフィルミーノも、昨年の16得点から7得点に減らした。

ネイマール以外にはジョナタス(スペイン・エルチェ・14点)とラファエル(ドイツ・ボルシアMG・12点)の2人だけが各国リーグで得点ランク10位以内に入っている。

11/12シーズンのネネー(フランス・PSG・22点)を最後に5大リーグでブラジル人得点王は現れていない。

ブラジル人選手は得点数ばかりでなく、総出場時間も減らしている。

5大リーグにおけるブラジル人選手総出場時間は昨年の17万5294分から10.9%減の15万6183分に低下した。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Alex Caparros/Getty Images)
写真は5月23日、リーガ・エスパニョーラ、バルセロナ対デポルティーボ・ラ・コルーニャの試合にて。ネイマール(右)は昨年の9得点から22得点に得点数を伸ばした

■関連記事
サンパウロ市、公立保育園設置計画に暗雲
伊勢丹新宿店のブラジルウィーク「ブラジル・ファンタスチコ! 祝彩楽園ブラジル」6月3日より開催
JICA横浜 海外移住資料館で「移民画家 半田知雄の世界」展開催
リオ市、ファヴェーラにも自転車専用道を設置へ
第2回 名古屋ブラジルフェスタ2015 会場MAP & 出店リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加