• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンパウロの公園で、ウサギが大繁殖

うさぎ大繁殖

TVグローボが5月29日、番組「ボンジーア・ブラジル」で伝えたところによると、サンパウロ州リメイラ市の公園で、管理職員がウサギの異常繁殖への対応に追われているという。

数か月前に何者かが20匹のウサギを公園(ジャルジン・ピラチニンガ)に放置した模様で、それが今や数100匹にまで繁殖した(17日づけ「G1」では600匹、27日づけ「フォーリャ」では400匹)。市民は増えるウサギに様々な反応を示している。

「いつも子供たちをあの公園に連れて行くけど、子供たちはウサギに大喜びよ」

「増えすぎるのはよくない。今までこんなことはなかったからちょっと心配になってくるね」

専門家いわく、ウサギは生殖に最適な状態になるまで5-6か月で、繁殖力のほうはメス1匹につき年間70匹を出産することが可能とのことだ。

うさぎ大繁殖

ウサギが大繁殖中のこの公園にはほかにも動物が300匹ほどいるが、これらの中には去勢されているものもおり、すべて市に登録されている。

「ここにいる動物たちは定期的に記録されていて、いなくなったり、繁殖により増加したり、新たに捨てられて増えたりするものも記録しています」(リメイラ市動物保護ディレクター、ジュリアーナ・ブゾリンさんは言う。

動物保護協会は動物、特にウサギのリストを作って公表し、引き取り手を探している。今までで259名からの引き取りの申し出があったという。

「リストを出してから数日の間に多くの引き取り手が現れました。今もブラジル各地から申し出があり、私たちも驚いているところです」(動物保護協会、ラリッサ・マルフさん)

(文/余田庸子、写真/Reprodução/EPTV)
写真はTVグローボ系列EPTVのニュースが伝えたジャルジン・ピラチニンガのうさぎ。TVグローボのニュース番組はIPCTV(グローボ・インターナショナル)で放送中。視聴のお問い合わせは、080-3510-0676 日本語対応ダイヤルまで)

■関連記事
リオデジャネイロ発のジュエリーブランド、 フランセスカ・ロマーナ・ディアナ日本上陸
アート・リンゼイ来日。伊勢丹新宿店「BRASIL FANTÁSTICO! 祝彩楽園 ブラジル」では館内音楽の選曲手掛ける
リオデジャネイロ発。クチア(アグーチ)がチジュッカの森にお引っ越し
カピバラなど森のいきものたちが空港に侵入
ガブリエウ・メジーナ効果でサーフィン・ブーム!?

このエントリーをはてなブックマークに追加