ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

伊勢丹新宿店の「BRASIL FANTÁSTICO! 祝彩楽園 ブラジル」、いよいよ最終日

コロラード

さて、日本では他でなかなか手に入らない「コロラード」のクラフトビールが並ぶのも、三越伊勢丹ホールディングスのブラジルウィークならでは。2014年は「Bertho(ベルトー)」と「Vixnu(ヴィッシヌ、ヴィシュヌ)」が上陸したが、今年は「Vixnu(ヴィッシヌ、ヴィシュヌ)」に加えて、「Apia(アッピア)」、「Demoiselle(ドゥモワゼル)」が初上陸。2014年も早々に売り切れたが、今年も種類によっては早くも売り切れアイテムが出ている。

「Demoiselle(ドゥモワゼル)」は、ミナスジェライス州出身の飛行機王(ライト兄弟より先に飛行機を飛ばしたという説もある)サントス・ドゥモンの愛機の名がつけられたビール。サントス・ドゥモンは、ミナスジェライス州の南部の州境に近いサンパウロ州奥地にあるアウタ・モジアーナで幼少時を過ごしたとか。アウタ・モジアーナでは父親がコーヒーの栽培を行っていた。輸入モルトとコーヒーを使った、味と香りが独特なビール。2008年にブラジル国内の「プラゼーリス・ダ・メーザ」で最優秀ブラジル産ビール、2008年と2013年にドイツの「ヨーロピアン・ビール・スター」でそれぞれ金賞、銀賞を獲得した。また2012年には国際味覚審査機構(iTQi)でも入賞している(次ページへつづく)。

ブラジルのクラフトビールは日本橋三越本店でも販売予定。詳細は日本橋三越本店サイトを参照。

(写真・文/麻生雅人)

■関連記事
リオのお土産物で人気ダントツ「ジウソン・マルチンス」上陸
ブラジルの動物や民衆の姿を刺繍で表現するクラリッシ・ボリアン
ブラジルに住むどうぶつたちが可愛いぬいぐるみに!
ブラジルには、日本語の本だけを置いた図書館がある
日本を訪れるブラジル人を対象に数次ビザ発給へ

1 2 3 4 5 6 7 8 9
このエントリーをはてなブックマークに追加