• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

リオで最高気温35℃! 海水浴客、最後の秋の週末を楽しむ

barradatijucapraia

地球の反対側にあるブラジルと日本は、季節も真逆。現在ブラジルは、冬の直前の秋にあたる。そして今年のブラジルの冬は、6月21日13時38分より始まる予定だ。

そんな中、最後の秋の日曜日となる6月14日、リオデジャネイロ市では最高気温35℃を記録。カリオカ(リオ市民)や観光客は、夏の気候を満喫したと、現地メディア「G1」が報じた。

14時頃の時点で市内各所の温度計は、34℃を示していたという。西部のバーハ・ダ・チジュッカ地区のビーチでは、多くの海水浴客が海辺を歩いたりスポーツをして晴天を楽しんだという。

市のオペレーションセンターによると、14日は晴天と所により曇りで雨は降らず、最高気温35℃、最低気温17℃と安定した天気だったという。

天気予報センターとINPE気候研究所によると、今年の冬は温暖な気候になりそうだとか。南東部では、6、7、8月の3ヶ月間は降水量の分布に関して雨はほとんど降らないだろうといわれている。

(写真・文/柳田あや)
写真は夏のバーハ・ダ・チジュッカ

■関連記事
ブラジルで6月祭名物、世界最大のクスクス、振る舞われる
アサイー、バクリ、プリプリオッカ…。アマゾンの恵みを使ったブラジルならではのクラフトビール
ブラジル人キャラ…出身州や市でお人柄が違うようで
リオデジャネイロで路上の石畳アート展、開催
ブラジルでも「街コン」!   早々と誕生したカップルも

このエントリーをはてなブックマークに追加