• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

優しいショップ店員が示した“助け合いの心”に賞賛の声

店員の行動、SNSで賞賛される

あるブラジル人店員のとった行動が、SNS上で話題になっている。心温まるエピソードとして、現地メディア「G1」(6月2日づけ)などでも取り上げられている。

それは5月最終週の日曜日、ミナス・ジェライス州トリアングロミネイロにあるウベルランジア・ショッピングモールを訪れた音楽教師のチアゴ・フェヘイラさんが目撃した出来事だった。

チアゴさんはモール内を歩いていた際、ファストフードチェーン店の若い女性店員が、ひざまずいて客のひとりにアイスクリームを食べさせてあげているところに遭遇した。

「彼女は純粋に、何か手伝えないかと障害があり身体が不自由なお客さんのところへ行き、彼にアイスクリームを食べさせてあげていたのです」(チアゴ・フェヘイラさん)

「このような行動は誰もができるわけではありません。この店員さんは、自分の持ち場を離れ他の客を置き去りにしていると注意されるかもしれないにもかかわらず、一切気にしていませんでした」(チアゴ・フェヘイラさん)

彼が撮影した写真はSNS上で約8000人にシェアされた。チアゴさんによると、その写真はシンプルで美しく、異例の行動を示しているという。

「私は我慢できず、とっさに携帯電話を取り出し撮影しました。遠くから見ていましたが、その後、その少女をハグしに行きました。感動で押しつぶされそうでした」(チアゴ・フェヘイラさん)

「我々は、他人を信じられなくなったこの世の中のことをとても悪いと考えています。しかし、このような行動を見かけたら、我々は共有するべきです」(チアゴ・フェヘイラさん)

障害を持つお客さんがアイスクリームを食べるのを手伝った10代の店員のラヴァーニ・ホドリゲス・ヂ・ソウザさん(17)は、チアゴさんの認識と意識の共有に感謝を伝えたという。そして、自分のとった行動はごく自然なことだと語った。

「私はすべてに満足しています。あれはごく普通の行動だと思います。私は商品を運んでいたとき、彼がアイスクリームを食べられないのを見かけたので、手伝った、ただそれだけです。私たちは1時間ほど一緒にすごし、彼は私に感謝していました。アイスクリームの後はトイレにもお連れして、その次は食料品店、最後はお菓子屋さんにお送りして彼と別れました」(ラヴァーニさん)

ラヴァーニさんはまた、彼女が1時間も店の持ち場を抜けたことに対し、いっさい叱られなかったとも話した。

「逆に、同僚やマネージャーは、こういったことをもっと行うべきだと私のことを祝福してくれました。本当に嬉しかったです」(ラヴァーニさん)

社会学者のクライトン・ペレイラ氏によると、このような行動は最近では稀になってきているといい、今回の出来事を評価した。

「社会学的な観点では人間は、個人と個人の連帯感がなければ、生きていくことができないと考えられています。利己で競争の激しい個人主義な考えがはびこる現代社会において、このような利他主義ともいえる行動がとられたこと、他人に関心を持って助けたいという純粋無垢な気持ちに出会えたことに驚かされました」(クライトン・ペレイラ氏)

ぺレイラ氏はまた、今回ラヴァーニさんがとって行動は 、連帯感の本質であると指摘する。

「これは ”連帯感 という言葉の語源を示す、素晴らしい出来事でした。連帯感(もしくは連帯、ポルトガル語でsolidariedade)は、反対の意味も指す、フランス語の ”solidarité” から来ています。連帯の絆は、企業の競争力の特徴などとは対照的で、社会共同体において典型的なものです。この店員が行ったことは連帯感の本質、つまり、互いの識別と協力する意志を示すものでした」(クライトン・ペレイラ氏)

撮影後にラヴァーニさんをハグしながら、チアゴさんは彼女が与えたひとときに感謝の意を述べたという。

「僕は彼女の行動を見て本当に素晴らしいと感じたので、彼女に感謝を伝えました。そして、彼女に気を遣わせないよう、すぐにその場を離れて泣きました」(チアゴ・フェヘイラさん)

ラヴァーニさんは、このお客が誰だったのか知らないが、再来店してくれることを望んでいるという。

「私は彼に何度も来店してほしいです。そのときは全ての人がお手伝いをしてくれるはずです」(ラヴァーニさん)

ラヴァーニさんの行動、それを許したマネージャーや同僚の優しい態度もブラジルらしいが、ラヴァーニさんの行動を見かけた男性が、彼女を抱きしめ感謝を伝えたという点もまた、ブラジルらしい光景といえるだろう。

とはいえ、バスや地下鉄ではお年寄りにほとんどの人が席を譲るなどと、日頃から人と人との連帯感を大切にしているブラジルでも、ここまでの行動はなかなかできないと、SNS上での賞賛の声は絶えない。

(文/柳田あや、写真/ Thiago Ferreira/Divulgação)
チアゴ・フェへイラさんが撮影したラヴァーニさんとお客さん

■関連記事
第10回ブラジルフェスティバル、7月18日(土) 、19日(日)に開催。ブラジルで「アナ雪」を歌ったルイーザ・ポッシが来日
神様はブラジル人!?
リオデジャネイロで路上の石畳アート展、開催
ジャガーの子、保護される
サンパウロの「パウリスタ大通り」、週末は歩行者天国に!?

このエントリーをはてなブックマークに追加