• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルのジウマ大統領、ワシントンでオバマ大統領と面会

ジウマ大統領訪米

6月29日(月)、アメリカ合衆国を訪問中のジウマ・フセフィ(ルセフ)大統領は、合衆国のバラク・オバマ大統領と共にワシントンのマーティ・ルーサー・キング(キング牧師)記念碑を訪ねた。

キング牧師は1960年代に公民権運動の指導者として活動、人種平等を訴え続けた。ブラジルのメディア「G1」(電子版)が伝えている。

ジウマ大統領が合衆国に到着したのは27日(土)で、この日はニューヨークでスケジュールを消化した。28日(日)から29日(月)は、金融関係、インフラ関係など各分野のビジネスマンとの会合を持ったという。

ジウマ大統領はワシントン訪問の後、7月1日に向けてサンフランシスコ、カリフォルニアでも諸会合を予定している。

ブラジル大統領府広報室(Secom)の発表によると、29日(月)、ジウマ大統領とオバマ大統領はホワイトハウスで晩餐を共にしたとのこと。

30日(火)、両大統領は公務の会談と記者会見を行い、ジウマ大統領はビジネスセミナーにも参加する予定。

ジウマ大統領の訪米は、2013年10月に予定されていた訪米が米国家安全保障局(NSA)によるブラジル大統領をはじめ世界各国の首脳の通話盗聴疑惑によって中止されてから1年9か月ぶりとなる。今回のジウマ大統領の訪米の主な目的には、“対話の再開”と、ブラジル国内の空港、港湾、鉄道、道路などロジスティック計画への合衆国からの投資の誘致があるという。

ベルギーの「ル・ソワール」紙に掲載されたインタビューでジウマ大統領は、両国の外交の停滞について「過去の話」と語っているという。

ジウマ大統領訪米

(文/麻生雅人、写真/Roberto Stuckert Filho/PR)

■関連記事
ブラジル各地で、2日間に14トン以上のマリファナ押収される
コパアメリカ2015、ブラジル代表、4年前の雪辱を果たせず8強で散る
6月28日、パウリスタ大通りに自転車専用道が開通
ヘシーフィで第31回クアドリーリャ・コンテスト開催
米ユナイテッド航空がブラジルのアズウ(Azul)航空に資本参加

このエントリーをはてなブックマークに追加