• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの名門サンバ団体サウゲイロが「サウゲイロTV」スタート。2016年に向けて、気合

サウゲイロTV

どうやら2016年のカーニバルへ向けて…サウゲイロ、めちゃめちゃ気合いが入っています。なんと“サウゲイロTV”なんてものをスタートさせてしまいました。

来年のカーニバルへ向けて、すんごい意気込みを感じます。パシスタの連絡網でも、面白い事をする話が回ってきているので。2016年のサウゲイロ、期待大です。

サウゲイロはトップが女性なので、とってもコミュニティーのサウゲイロファミリーを大事にしてくれるんです。上の写真(今年の結果が納得行かなく、みんなで号泣してる時)でも私、すんごい顔してますが(笑)、エスコーラ・ジ・サンバのトップの人が、コミュニティーの人々とここまで密に触れ合ってくれることってあまりないんです。女性ならではの細やかな心遣いがあるというか。このことは、仲良しのサンバ仲間でサンパウロで活躍するTSUくんとも話してました。

そういえば昨日、サウゲイロのあの怖い(笑)カルリーニョス師匠からメッセージが来て、最近の私の動画を褒めてもらいました。すんごく厳しい人だから、嬉しかった!!

そして、MEGUMIはサウゲイロそのものだ、ファミリーだと…さすかに震えましたよ。最近は、世界にも認められてる感がある師匠。世界中のメディアに注目されていたり、目に見えて有名になっていきます。すごい! 彼はどこまで行ってしまうんでしょう。

サウゲイロが大きくなればなるほど、日本人の私をどこまで受け入れてもらえるのかとプレッシャーも大きくなりますが、私は、今は、日本で出来る事を後悔しないように頑張らないと。

さぁ 今日も本番があるので、頑張ります!

(文・写真提供/工藤めぐみ)

■関連記事
三田ホテル「南国ビアガーデン」でサンバナイト
神戸出身の工藤めぐみさん、リオの名門サンバ団体の花形ダンサーとして活躍。7年目のカーニバル参加に向け猛練習
「“非識字者”と言われることが悲しかったの」–。読み書きもできなかったブラジルのおばあちゃん、79歳で学位まで取得
サンパウロ市、イビラプエラ公園に集結した約100名のドラマーが一斉に演奏
読売ジャイアンツ、平岡コーチ(30)をブラジルへ野球の指導者として派遣

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

工藤めぐみ Megumi Kudo 9歳よりクラシックバレエを基礎にサンバを始める。2008年にリオデジャネイロの名門エスコーラ・ジ・サンバ「サウゲイロ」のパシスタのオーディションに合格。2009年~2011年、2013年~2014年に同団体のパシスタとして、リオのカーニバルに出場している。「サウゲイロ」の選抜メンバーによるサンバショーのメンバーでも、唯一の日本人として参加している。帰国中は、プロフェッショナルのダンサー(SMAPドームツアー、山下智久コンサートのサンババックダンサーなど)や、ダンスインストラクターとして活躍。神戸にてダンス教室「MEGUサンバダンス」を主催するほか、地元のサンバチーム「Feijão Preto(フェジョン・プレット)」のダンサーリーダーも務める。神戸まつり、浅草サンバカーニバルをはじめ全国のサンバ関連イベントでも活躍。

「Feijão Preto(フェジョン・プレット)」http://www.feijaopreto.net/
「MEGUサンバダンス」http://www.feijaopreto.net/sambadance.htm