• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルでプリペイド携帯電話を利用する方法

SIMカードとケータイ

ブラジルに旅行又は短期留学する場合に、携帯電話があると便利なことがあります。

ブラジルで携帯電話をゲットするのは非常にハードルが低いので、その方法をご紹介いたします。

必要なものは、1.携帯電話本体、2.納税者番号(CPF)、3.お金(20レアルくらい)。ぼくは、フィリピンで2000円くらいで購入したサムスンのケータイを利用しています。ブラジルでも、露天商が安いケータイを売っているのを見かけますが、通話するだけならこれで十分です。スマホをちらつかせていると、強盗に襲われやすいので気を付けてください。

上記の用意ができたら、あとは3つの手順を踏めば、プリペイド携帯電話が利用できます。

その1、電話会社へ。ブラジルには、TIM(チン)、OI(オイ)、VIVO(ヴィーヴォ)、CLARO(クラーロ)などの電話会社があります。お住まいの地域で電波が良く届く電話会社を知り合いのブラジル人に確認して選べば良いと思います。

同じ電話会社であれば通話料が無料になるといったサービスもあるので、一人で複数の携帯電話を持っているブラジル人もいます。

その2、SIMカードの購入。ブラジルでは、SIMカードのことをCHIP(シッピ)と呼びます。

「SIMカードを買いたい(Quero comprar chip ケーロ・コンプラー・シッピ)」と言って携帯電話を差し出せば、通じます。SIMカードの価格は約10レアル(約350円)です。

電話会社に持っていけば、店員が慣れた手つきでSIMカードをアクティブにして くれます。所要時間は5分程度。

その3、料金のチャージ。SIMカードがアクティブになったら、その場で料金をチャージしてもらいましょう。10レアル程度からチャージが可能です。

「10レアルチャージしたい(Quero recarregar 10 reaisケーロ・ヘカヘガー・デイズ・へアイス)」

電話料金のチャージは、電話会社の他、露店商人に頼んでもできます。ブラジルに銀行口座があれば、インターネットバンクでもチャージができます。

注意事項があります。その1。SIMカードは有効期限があります。ぼくの使っているClaroだと、60日間です。有効期限前にチャージしないと、電話番号を使うことができなくなってしまいますので、電話会社に有効期限を確認しておきましょう。

「SIMカードの有効期限は何日間ですか? (Quanto tempo dura a validade do chip? クアント・テンポ・ドゥーラ・ア・ヴァリダージ・ド・シッピ?)」

また、チャージ金額の確認をするための番号も併せて確認しておきましょう。Claroの場合は「*544#」に電話を掛けると、残高を教えてくれます。

「残高確認のための番号を教えてください(Favor me informar o número para consultar o saldoファヴォー・ミ・インフォルマー・オ・ヌーメロ・パラ・コンスウター・オ・ サウド)」

「私の電話番号を教えてください。ここに書いてください (Qual é o meu número? Favor escrever aqui.クアウ・エー・オ・メウ・ヌーメロ?ファヴォー・エスクレヴェー・アキー)」

注意事項、その2。電話番号の最初の2ケタは、管轄する州によって異なります。別の州に掛ける場合には料金が高くなりますので、SIMカードを買う場合には、滞在する州のお店で購入するようにしてください。

(写真・文/唐木真吾、記事提供/ブラジル余話)

■関連記事
教科書には載っていないけど、ブラジルに住んでいると良く聞く、つい使いたくなるポルトガル語3つ
サンパウロで納税者番号を一日で取得する方法
路上に500匹以上の“しっぽ”。露店で焼肉にされた犬や猫か!?
2014年ブラジル小売業ランキング発表。ベスト10は…
地方都市から見えてくる、ブラジルの政治と経済の今

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2011年、社会人6年目に大学時代からの趣味であった海外一人旅が高じて、インドネシアのジョグジャカルタに4ヵ月間留学。帰国後、勤めていた監査法人を退職し、練馬のおんぼろ木造共同アパートを拠点にジャカルタでの就職活動を展開するも、予想外にもそれまで関係のなかったブラジルで働くことに。2012年からブラジル、ペルナンブーコ州ペトロリーナ在住。いまではすっかりブラジルの魅力にハマってしまいました。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、あまり日本人の居ないブラジル北東部のさらに内陸部からローカルな情報を発信しています。