• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル人は世界一、冷えたビールにこだわる!?

冷えたビール好き

ブラジルは冬ですが、日本は猛暑だったそうで、冷えたビールがおいしかったのでは?

冷えたビールと言えば、ブラジル人は冷えたビールへのこだわりが世界一強い民族ではないかと思います。ブラジルでは、ビールは過冷却(液体が凝固しないで凝固点より低い温度まで冷却された状態)が良しとされているようです。

過冷却されたビールは、衝撃を与えたり、ひと肌で温めたりすると瞬間的に凝固して、シャーベット状になってしまいます。そのため、ブラジルの呑み助は総じて優しくビールを注ぐ術を心得ているというわけです。

ブラジルのレストランでは、ビール専用の冷蔵庫があったりして良い按配で過冷却になるように温度管理がなされています。

こだわりは、客のテーブルでも同様。折角、冷たくしたビールもテーブルに出して時間が経つと温かくなって美味しさが損なわれてしまいますから、ブラジルでは瓶ビールを注文するとほとんどの場合、内部が発泡スチロールでできているビール瓶ケースに入れられて出してきます。

冷えたビール好き ブラジル人

ところで、そんなブラジル人プレゼントしたら喜ばれそうなタンブラーがあります。

THERMOS社が販売するタンブラー。ぼくも日本に帰国したときに買ってきてブラジルで使っているのですが、中が魔法瓶構造になっていて、保冷性能が非常に優れているので、冷たいビールにこだわるブラジル人に絶対受けると思います。

地味に有難いのが、冷たい飲み物を入れても結露しないという点です。結露が垂れて、テーブルを汚すこともありません。保温性能にも優れているので、朝はコーヒーを飲むのに使っています。ちびちび飲んでも直ぐに冷めてしまうことがありません。唯一の欠点は、見た目があまり美味しそうではないということくらいです。

さて、ここまで「冷えたビール」について書いてなんなんですが、サッポロのサイトによると、ビールの飲み頃温度は、夏の場合4~6°C。冬の場合は7~9°Cだそうです。ビールを冷やし過ぎると泡立ちが悪くなって、麦の成分も凝固してしまうそうです。ビールは適温にあるとき、最も味わいと香りがたち、さらに泡立ちも豊かになるんですねえ。

(文/唐木真吾、記事提供/ブラジル余話、写真/fabian.kron、Clovis Melo)
「カミジーニャ」と呼ばれる瓶ビール用の保冷ケース。ちなみにカミジーニャとは、コンドームのこと。言いえて妙…

■関連記事
ブラジル人男性はカバンを持ち歩かない!?
2016年リオ五輪テスト大会のオープンウォーター競技男子10キロ、ブラジル人選手が優勝。日本の平井選手は1秒差で2位
路上に500匹以上の“しっぽ”。露店で焼肉にされた犬や猫か!?
ブラジルには”巨乳”と呼ばれるフルーツがある!?
2014年ブラジル小売業ランキング発表。ベスト10は…

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2011年、社会人6年目に大学時代からの趣味であった海外一人旅が高じて、インドネシアのジョグジャカルタに4ヵ月間留学。帰国後、勤めていた監査法人を退職し、練馬のおんぼろ木造共同アパートを拠点にジャカルタでの就職活動を展開するも、予想外にもそれまで関係のなかったブラジルで働くことに。2012年からブラジル、ペルナンブーコ州ペトロリーナ在住。いまではすっかりブラジルの魅力にハマってしまいました。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、あまり日本人の居ないブラジル北東部のさらに内陸部からローカルな情報を発信しています。