• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

音楽エンターテインメント集団、カルナバケーション

カルナバケーション

ロック、ソウル、ボサノヴァ、その他のラテン音楽、ファンク、ジャズ、ディスコ…様々な音楽が混ぜ合わさったサウンドに日本語歌詞のオリジナル曲を乗せてファンを魅了するカルナバケーション。

カルナヴァウ(カーニバル)とバケーションを合わせた造語によるバンド名からも、”楽しむ”ことを何よりも大事にする、エンターテイメント集団としての心意気が伝わってくる。

前身となるバンドは2015年4月に解散したカンタス村田とサンバマシーンズ。より広く多くの人々に聴いてもらえるようにと、2015年5月にカルナバケーションと名も改めて新たなスタートを切った。

芸術一家に生まれ育ったカンタス村田こと村田匠は、小学生でパーカッショニストを目指し、中学時代より歌い始めたという。早稲田大学在学中は早大ラテンアメリカ協会へ入会。様々な大学のラテン系音楽サークルのメンバーが集まって活動している学生サンバ連合「ウニアン・ドス・アマドーリス」にも加入したカンタスさんのキャンパスライフは、サンバ漬けの日々だった。

そんなカンタスさんが、早大のさまざまな名門音楽サークルに所属していた学生たちに呼びかけて結成したのがカンタス村田とサンバマシーンズだ。

カンタス村田とサンバマシーンズ時代から原宿クロコダイルで月例ワンマンライヴを敢行してきた彼らは、改名後も活動を続行。長者町FRIDAYも新たな拠点として加わった。2015年6月には、リオ発のビーチサンダルブランド「イパネマ」直営ショップ「Ipanema TOKYO(イパネマ東京)」とのタイアップも決まり、ますます活躍の場を広げている(次ページへつづく)。

(写真・文/柳田あや)

■関連記事
「仕事は神聖なるものです。だから、決して触れてはなりません」…哲学的(!?)なブラジル流ジョーク
ツイッターの「スター」から「ハート」へのアイコン変更、ブラジルでも物議。ジョークも続々
ブラジル南部の病院で、いぬに面会許可おりる
日本で暮らすブラジル人たちの素顔に迫る映像ドキュメンタリー・シリーズ「O Outro Lado do Mundo・軌跡 ~在日ブラジル人の25年~」第二話「ストーリーテラー」公開
ブラジルの消費者向け商品・サービスにかかる税率リスト

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加