• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

第3回サンパウロ州郷土料理フェスティバル、最終ラウンドに突入

第3回サンパウロ州郷土料理フェスティバル

今年(2015年)3月から州内15地域で行われてきた第3回サンパウロ州郷土料理フェスティバルがこの週末、11月7日(土)、8日(日)にフィナーレを迎える。

州内15地域の予選を勝ち抜いた約60種類の料理が、サンパウロ市内のヴィラ・ロボス公園に集結する。各品25レアル(約800円)以下の値段で提供される予定だ。

このフェスティバルはガストロノミア専門誌「プラゼーリス・ダ・メーザ」が参画し、サンパウロ州観光局が運営している。

サンパウロ州には高原から大西洋沿岸地域まで様々な気候風土を持つ地域があり、フェスティバルの各料理には、その多様性が反映されているという。

フェスティバルでは肉厚なステーキを使ったサンドイッチ、自家製ソーセージを詰めたパゥン・ヂ・ケージョ、干し肉のラザニア、魚介盛りだくさんのスープ、伝統的な豆の煮込み料理、新鮮なチーズをふんだんに使ったコロッケ、日本文化を取り入れた洋風海苔巻き、ブドウとマスカルポーネのプリンなどが楽しめる。

料理のブース以外にも州内の農畜産業生産者の販売コーナーがあり、オーガニック食材などの購入もできる。また、音楽プログラムも楽しめるという。

第3回サンパウロ州郷土料理フェスティバル

http://www.sabordesaopaulo.com.br/

日時:2015年11月7日、8日 11時-20時
会場:Parque Villa Lobos(ヴィラロボス公園)
住所: Av. Prof. Fonseca Rodrigues, 2001
Alto dos Pinheiros, São Paulo – SP
入場料:無料(飲食費別)

(文/余田庸子、写真/Divulgação)

■関連記事
ガストロノミア専門誌「プラゼーリス・ダ・メーザ」2015年最優秀スイーツ賞を日本人パティシエ、伊澤彩子さんのプリンが受賞
日本で暮らすブラジル人たちの素顔に迫る映像ドキュメンタリー・シリーズ「O Outro Lado do Mundo・軌跡 ~在日ブラジル人の25年~」第二話「ストーリーテラー」公開
「仕事は神聖なるものです。だから、決して触れてはなりません」…哲学的(!?)なブラジル流ジョーク
ツイッターの「スター」から「ハート」へのアイコン変更、ブラジルでも物議。ジョークも続々
ブラジル南部の病院で、いぬに面会許可おりる

このエントリーをはてなブックマークに追加