• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの文化人たち200名以上が大統領弾劾手続きに抗議。
シコ・ブアルキ、アウジール・ブランキも賛同

ジウマ大統領の弾劾に抗議

12月2日(水)にブラジル下院議会のエドゥアルド・クーニャ議長がジウマ・ルセフ大統領に対する弾劾請求を承認したことから、ブラジルでは大統領の弾劾について多様な意見が飛び交っている。

そんな中、議会による大統領弾劾は民主主義に反するとして、断固とした抗議を表明する「ブラジルへの手紙」が12月8日(火)づけで公表された。現地メディア「ジョルナウ・ド・ブラジル」(12月9日づけ)などが伝えている。

「ブラジルへの手紙」を表明したのは著名な作家、フェルナンド・モライス。

1930年代の軍事政権下でヴァルガス独裁政権に立ち向かったユダヤ系ドイツ人女性革命家オウガ・ベナーリオ(ブラジルの革命家ルイス・カルロス・プレステスの公私にわたるパートナーでもあった)の伝記小説「オウガ」、第二次大戦後にブラジルで起きた日本人移民同士による抗争事件を題材にした「コラソンイス・スージョス」などの作品で知られている。「コラソンイス・スージョス」は映画化もされ、「汚れた心」のタイトルで日本でも公開されている。

「ブラジルへの手紙」には200名以上のジャーナリストや学者、建築家、映像作家などが賛同、署名をしたという。

このマニフェストは、現政権の政策を支持するかしないかなど、政治的な見解とは別の話で、現在の政治の根幹となっている民主主義を守るために、世に問うことになったのだという。

大統領が明らかに犯罪を犯しているといった場合出ない限りは、選挙で選ばれた大統領を罷免することは民主主義の原則に反するため、もしジウマ大統領の弾劾が実行されることになったら、政治はかつての悪しき状態に逆戻りをすると訴えている。

曰く、「我々は、右派政権、左派政権といろいろな時代を経てこれまで生きてきたが、軍事独裁政権下では検閲、さまざまな形の制限と抑圧を受けて苦しめられてきた。そしてやっとの思いで勝ち取った権利を得た今の状態を後戻りさせてしまうような状態は、断固、受け入れかねる」

「政治的な意見や好みとは切り離して、議会制民主主義を後退させることは許されない。大統領は犯罪を犯した場合のみ解任することができるという原則を守ることは、民主主義を維持する前提だからである」

「我々は、闘いを経てやっとの思いで手にしたものを、今また失うことは承服しかねる。それは、今、生きている人にとっても、命を落とした人にとっても同じである。民主主義をないがしろにする行為には黙っているわけにはいかない」

フェルナンド氏は自身のフェイスブックでは「ブラジルへの手紙」と、賛同者の署名リストが公表されている。

マニフェストの賛同者には、エンヒッキ・カルドーゾ政権時代に大統領府人権局の局長を務めたパウロ・セルジオ・ピニェイロ氏、大統領府公共コミュニケーション局の局長を務めたホムロ・マリーニョ氏の名もある。

また、ファッションデザイナー、ズズ・アンジェウの娘イウデガージ・アンジェウ、ジャーナリストのヴラジミール・エルゾギの息子イヴォ・エルゾギなど、軍事政権時代に謎の死を遂げたり拷問を受けて殺害された文化人や知識人の子息、それから、軍事政権時代にイタリアへの亡命を余儀なくされたブラジルを代表するシンガーソングライターのひとりシコ・ブアルキ、反軍政デモのアンセムにもなった歌「酔っ払いと綱渡り芸人」の作曲者アウジール・ブランキなども名を連ねている。

フェルナンド・モライス氏のフェイスブックで署名したことを公表されている知識人、文化人たちは下記。

1.アフォンソ・ボルジェス(文化プロデューサー)
2.アラン・フレズノー(映像作家)
3.アウヴェルト・ヴィラス(ジャーナリスト)
4.アウヂール・ブランキ(作曲家)
5.アウド・デラ・モニカ(ジャーナリスト)
6.アレシャンドリ・バルボーザ・ジ・ソウザ(詩人、翻訳者)
7.アウフレッド・サージ・フィーリョ(経済学教授)
8.アリピオ・フレイリ(ジャーナリスト、作家)
9.アラン・ヒベイロ(映像作家)
10.アウミール・アウマス(映像作家)
11.アウタミーロ・ボルジェス(ジャーナリスト)
12.アナ・シーザ・ピント(クリエイティヴディレクター)
13.アナ・ルイーザ・リマ(芸術評論家)
14.アナ・マリア・マガリャンイス(映像作家)
15.アンデルセン・アウグスト(現代アート教授兼作家)
16.アンドレ・アブジャンラ(音楽家)
17.アンドレ・ベシェラーニ(ジャーナリスト)
18.アンドレ・イキ・シケイラ(作家、ドキュメンタリー作家)
19.アンドレ・クロツェウ(映像作家)
20.アンドレ・マルチンス・ビアンカレッリ(カンピーナス州立大学教授、エコノミスト)
21.アンドレ・ヴァイネル(建築家)
22.アンドレア・テデスコ(女優)
23.アニバウ・マッサイーニ(映画プロデューサー)
24.アントニオ・グラッシ(男優)
25.アントニオ・ピタンガ(男優)
26.アントニオ・プラタ(作家)
27.アヒーゴ・バルナベ(作曲家)
28.アリアーニ・ファリア・ヴェリス(プロデューサー)
29.アウダリオ・ダンタス(ジャーナリスト、作家)
30.アウレリオ・ミシリス(映像作家)
31.アイタン・M・シパイ(医師)
32.ベン・ベルナルジ(作家)
33.ベルナルド・ヒクペロ(政治学者)
34.ベッチ・メンデス(女優)
35.ベト・アウメイダ(ジャーナリスト)
36.ベト・ブランチ(映像作家)
37.ベト・ホドリゲス(映像作家)
38.ベッチ・ファリア(女優)
39.カミーラ・ピタンガ(女優)
40.カルラ・フランシーニ(プロデューサー、脚本家)
41.カロリーナ・ベネヴィジス(映画プロデューサー)
42.セリオ・トゥリーノ(歴史家)
43.セーザル・カレガリ(社会学者)
44.シコ・ブアルキ(シンガーソングライター、作家)
45.シコ・ジアス(男優)
46.シサ(漫画家、作家)
47.クラウジオ・アマラウ・ペイショット(アートディレクター、舞台美術)
48.クラウジオ・カンス(映像作家)
49.クレリア・ベッサ(映画プロデューサー)
50.コンセイサォン・レモス(ジャーナリスト)
51.ダシオ・マウタ(ジャーナリスト)
52.ダニエラ・トーマス(映像作家)
53.ダヴィジ・メイエル(映像作家)
54.デボラ・ドゥボッキ(女優)
55.デニッシ・ジャノスキー(プロデューサー)
56.ジラ・パイス(女優)
57.エドゥアルド・ギマランイス(ブロガー)
58.エドゥアルド・ルルネウ(文化プロデューサー)
59.エドゥアルド・ヒベイロ・ゴンサウヴィス・アフォンソ(デザイナー)
60.エウシオ・トヘス(現代アート作家)
61.エリアナ・アヴェズン(建築家)
62.エリアーニ・カフェ(映像作家)
63.エミール・サデール(社会学者)
64.エニオ・ジョゼー・シウヴァ(建築家)
65.エリック・ネポムセーノ(作家)
66.エステル・ベメルギ(エコノミスト)
67.エヴァウド・モカルゼウ(映像作家、ジャーナリスト)
68.ファビオ・アアラォン・ヘイス(物理学者)
69.ファビオ・ミゲス(現代アート作家)
70.ファブリジア・ピント(映画監督)
71.ファッチマ・ブシェウ・ガルシア(教諭)
72.フェリッピ・ネポムセーノ(映像作家)
73.フェルナンダ・ポンペウ(作家、ブロガー)
74.フェルナンド・モライス(ジャーナリスト、作家)
75.フランシスコ・ジ・チロ(現代アート作家)
76.フランシス・ヴァーリ(映像作家)
77.フランシスコ(イカロ・マルチンス)(映像作家)
78.フレデリコ・カルドーゾ(映像作家)
79.ガブリエウ・プリオリ(ジャーナリスト)
80.ガレーノ・アモリン(ジャーナリスト)
81.ジバ・アッシス・ブラジル(映像作家)
82.ジウマール・カンデイアス(映像作家)
83.ギリェルミ・ヴィズニッキ(建築家)
84.ギオマール・ジ・グラモン(作家、大学教授)
85.エクトール・バベンコ(映像作家)
86.エレナ・ソウベルギ(映像作家)
87.エレニッタ・M・シパイ(医師)
88.エロイーザ・トレード・マシャード(フルミネンシ連邦大学教授)
89.エウヴェシオ・ハットン(映像作家)
90.エウヴィジオ・マトス(ジャーナリスト)
91.エンリ・ピエッヒ・アハイス・ジ・アレンカール・ジェルバイセー(映像作家)
92.イウデガージ・アンジェウ(ジャーナリスト)
93.ウンベルト・メスキータ(ジャーナリスト)
94.イカーロ・リラ(ヴィジュアルアーティスト)
95.イゴール・フゼール(ABC連邦大学教授)
96.イネス・カスチーリョ(精神分析医)
97.イングラ・リベラート(女優)
98.イザ・グリンスプン・フェハス(映像作家)
99.イザベウ・M・シパイ(デザイナー)
100.イヴァン・セイシャス(ジャーナリスト)
101.イヴァーナ・ジンキングス(編集者)
102.イヴァニー・トゥリービオ(ジャーナリスト)
103.イヴォ・エルゾギ(ヴラジミール・エルゾギ協会代表)
104.イザイアス・アウメイダ(作家)
105.ジャン・クロード・ベルナール(映像作家)
106.ジアンナ・ニン(ドキュメンタリー作家、プロデューサー)
107.ジョアン・パウロ・ソアーリス(ジャーナリスト)
108.ジョアン・シクスー(エコノミスト)
109.ジョエウ・ジット・アラウージョ(映像作家)
110.ジョルジ・フータード(映像作家)
111.ジョルジ・ルイス・ソウト・マイオール(サンパウロ大学教授、判事)
112.ジョルジ・マトーゾ(エコノミスト)
113.ジョゼー・アルベックス・ジュニオール(ジャーナリスト)
114.ジョゼー・カルロス・ジ・アッシス(エコノミスト)
115.ジョゼー・ジ・アブレウ(男優)
116.ジョゼー・ソフィリー(映像作家)
117.ジョゼー・ミゲウ・ヴィズニッキ(音楽家)
118.ジョゼー・パウロ・モウチーニョ・フィーリョ(弁護士)
119.ジョゼー・ホベルト・トレーロ(作家)
120.ジョゼー・トラジャーノ(ジャーナリスト)
121.ジュリアナ・ジ・オリヴェイラ(バレリーナ、教諭)
122.キコ・ゴイフマン(映像作家)
123.クレベール・メンドンサ(映像作家)
124.ラウラ・カプリリオーニ(レポーター、ジャーナリスト)
125.ラウリンド・ラロ・レアウ・フィーリョ(サンパウロ大学教授)
126.ラウロ・エスコレウ(映像作家)
127.ライメルチ・ガルシア・ドス・サントス(カンピーナス州立大学教授)
128.レチシア・サバテラ(女優)
129.リンコン・セッコ(サンパウロ大学教授)
130.リラ・ネト(作家)
131.リリオ・フェヘイラ(映像作家)
132.LSライ(芸術家、作家)
133.ルアーナ・トレチーノ(教授、歴史家)
134.ルカス・フィゲイレード(ジャーナリスト、作家)
135.ルシア・ムラッチ(映像作家)
136.ルシアーナ・ミランダ・ペナ(脚本家、教授)
137.ルーシー・バヘット(映画プロデューサー)
138.ルイス・フェルナンド・イメジアット(編集者)
139.ルイス・アウベルト・カソウ(映像作家)
140.ルイス・カルロス・バヘット(映画プロデューサー)
141.ルイス・フェリッピ・ジ・アレンカストロ(歴史家、政治学者)
142.ルイス・タチ(音楽家)
143.マノエウ・カルロス・コンチ(ジャーナリスト)
144.マルセロ・カルヴァーリョ・フェハス(建築家)
145.マルセロ・サンチアーゴ(映像作家)
146.マルセロ・セメル(判事、作家)
147.マルシオ・クーリ(映像作家)
148.マルコ・ヒッカ(男優)
149.マルコス・アウチヴェルギ(映像作家)
150.マレーマ・ヴァラダォン(詩人)
151.マリア・ド・カルモ・ジ・ブリット・フェルナンデス(ジャーナリスト)
152.マリア・エレナ・シラ(女優)
153.マリア・マリア(ドキュメンタリー作家)
154.マリア・ヒタ・ケウ(精神分析学者)
155.マリア・ヴィトーリア・ベネヴィデス(社会学者)
156.マリアーナ・ジ・マトス(現代アート作家、作家)
157.マリー・アンニ・ナジン・シャリッタ(社会学者)
158.マリリア・アウヴィン(映像作家)
159.マリーナ・マルーフィ(歴史家)
160.マリーナ・ホーゼンフェルジ・スネウヴァー(建築家)
161.マリシウダ・シウヴァ(ジャーナリスト)
162.マルタ・アレンカール・カルヴァーナ(プロデューサー)
163.マルタ・ヴィアンナ(陶芸家)
164.マルトン・オリンピオ(映像作家)
165.マウリッシ・カポヴィーラ(映像作家)
166.マイーザ・ブリット(芸術家)
167.メラニー・ジマンタス(脚本家)
168.ミゲウ・ド・ホザーリオ(ブロガー、「オ・カフェジーニョ」主宰)
169.ミゲウ・ファリーア(映像作家)
170.ムリーロ・サリス(映像作家)
171.ナタリア・バホス(歌手、詩人)
172.パブロ・ヴィラッサ(作家、映画評論家)
173.パードリ・ヒカルド・ヘゼンジ(NGO「人権」代表)
174.パオラ・ジ・マルコ・ロペス・ドス・サントス(図書館書士)
175.パトリシア・ヴァス(プロデューサー、映画研究家)
176.パウラ・バヘット(映画プロデューサー)
177.パウロ・ベッチ(男優)
178.パウロ・セーザル・カジュー(ジャーナリスト)
179.パウロ・セルジオ・ピニェイロ(旧人権局局長)
180.パウロ・チアーゴ(映像作家)
181.ペドロ・カエターノ(現代アート作家)
182.ペドロ・ファーカス(映像作家)
183.ペドロ・フェリシオ(男優)
184.ペドロ・チエハ(詩人)
185.ペトラ・コスタ(映像作家)
186.ヘジーナ・ペッソア(芸術家)
187.ヘナート・バルビエリ(映像作家)
188.ヘナート・タパジョス(映像作家)
189.ヒカルド・シュワビ・シルメール(デザイナー、教授)
190.ホベルト・ファリアス(映像作家)
191.ホベルト・ジェルヴィッツ(映像作家)
192.ホベルト・リマ(劇作家)
193.ホベルト・モエラルチ(ジャーナリスト)
194.ホジェーリオ・コヘア(映像作家)
195.ホムロ・マリーニョ(映画プロデューサー)
196.ホーゼンベルギ・カリリー(映像作家)
197.フッチ・クロツェウ(グラフィックデザイナー)
198.サムエウ・マクドウエウ・ジ・フェゲレイド(弁護士)
199.サムエウ・ピニェイロ・ギマランイス(大使)
200.セバスチアォン・ヴェラスコ・イ・クルース(政治学者)
201.セルジオ・ブロヒ(映像作家)
202.セルジオ・ムニース(映像作家)
203.ソランジ・フランクス(キュレイター)
204.タタ・アマラウ(映像作家)
205.タエウマン・カルロス(詩人、ジャーナリスト)
206.トニ・ヴェントゥーラ(映像作家)
207. ヴァギネル・フレイタス(中央統一労働者組合(CUT)代表)
208. ヴィセンチ・カレッリ(人類学者、映像作家)
209. ヴァヂ・ダモウス(法学者)
210. ヴァウニッシ・ノゲイラ・ガウヴァォン(教諭)
211. ヴェウテル・カルヴァーリョ(映像作家、写真家)
212. ゼカ・ブリット(映像作家)

(文/麻生雅人、写真/Fernando Frazão/Agência Brasil)
写真は12月8日、リオデジャネイロ。中央統一労働者組合(CUT)もジウマ大統領の弾劾案に対する抗議デモを行った。横断幕には「独裁政治は二度とごめん!」と掲げられている

■関連記事
軍事クーデターから50年。ブラジル弁護士会は「ブラジルの傷はまだ癒えていない」
パールジャムが廃水ダム決壊事故の被災地に10万ドルを寄付
タトゥーを消せるクリーム、ブラジルで話題
国民的女優マリーリア・ペーラ、72歳で死去。追悼の声続々と
軍事政権資料展で軍政令第5号のオリジナル書類を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加