• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

リオで、路上のカーニバル始まる

リオの路上のカルナヴァウ

ブラジル、リオデジャネイロでは、いよいよカルナヴァウ(カーニバル)シーズンが到来。

パレード専用会場で行われる“サンバ・カーニバル”に先駆け、1月16日(土)から、「ブロコ」と呼ばれるカルナヴァウ集団が路上に操りだして、仮装や楽器の演奏、歌などを楽しんでいる。

休日ともなると街のあちこちから音が溢れ出すこの時期は、コンテスト形式で行われる“サンバカーニバル”とはまた違った、リオの人々の暮らしに根差したカルナヴァウを楽しむことができる。

1月10日づけ現地メディア「G1」では、リオ市内で開催される路上カルナヴァウのスケジュールが公開されている。2016年は昨年よりも49団体多い、505団体のブロコによるパフォーマンスが予定されているという。

同記事では、開催地区ごとに注目ブロコをピックアップしている。

<セントロ(旧市街地域)>

3大ブロコによる路上カルナヴァウが行われるのが、ここセントロだ。

「ブロコ・ダ・プレッタ」が1月31日(日)正午より、「コルダォン・ダ・ボーラ・プレッタ」が2月6日(土)9:30より、昨年のカーニバルでは50万人もの観衆を集め、9月には池袋でもパレードを行った「モノブロコ」が2月14日(日)9:00より、ストリートを盛り上げる。セントロの工事により、ブエノス・アイレス通りとホザーリオ通りの間にあるプリメイロ・ヂ・マルソ通りをパレードする予定。

また、セントロでの演奏を発表した歌手のアニッタのブロコだが、所属事務所とリオデジャネイロ市とで実現可能であるかの調査ステップを踏んでいる段階だという。

バンダ・ヂ・イパネマ

<ゾーナ・スウ(南部地域)>

今年は「ブロコ・ダ・ファヴォリッタ」が2月6日(土)9:00より、「オルケストラ・ヴォアドラ」が2月9日(火)15:00よりフラメンゴ広場にて、またゾーナ・スウで最も人気のある「バンダ・ヂ・イパネマ」が、1月23日(土)、2月6日(土)、9日(火)の3日間、17:30よりジェネラウ・オゾーリオ広場に登場予定。

<ゾーナ・オエスチ(西部地域)>

奇妙な名前のブロコ「ヴィリーリャ・ヂ・ミニョッカ(ミミズの脚の付け根!)」が2月8日(月)18:00よりフォンセカ通り1064番にて、5万人の観衆を見込む「ターモ・ジュント・イン・フォーリア」が2月14日(日)16:00よりパドリミゲウにてパレードの予定。

<ゾーナ・ノルチ(北部地域)>

マドゥレイラ地区の2大ブロコが路上に集まる。

「チモネイロス・ダ・ヴィオラ」が1月31日(日)15:00よりパウロ・ダ・ポルテーラ広場にて、最も伝統的なブロコの一つである「バンダ・ヂ・マドゥレイラ」が2月6日(土)17:00よりトラヴェッサ・アウメリンダ・フレイタスにて演奏スタート。

また、ペーニャ地区では「バンダ・デヴァッサ」が1月30日(土)と2月8日(月)18:00よりパタゴニア通りにてパレードの予定だ。

<グランヂ・チジュッカ(北部の南にある地域。チジュッカ、ヴィラ・イザベウなどを含む)>

1980年に記録が残る、ヴィラ・イザベウ地区で最も古いブロコ「ピラーニャス・ダ・セナドール・ノブコ」が2月7日(日)18:00よりバラォン・ヂ・ドゥルモンヂ広場にて、もうひとつの歴史あるブロコ「バンダ・ハヂドッキ」が1月30日(土)18:00よりアフォンソ・ペーナ通り10番にて演奏予定。主催者によれば、8000人の観衆を見込んでいるという。

<イーリャ(北部のうちゴヴェルナドール島がある地域)>

イーリャ・ド・ゴヴェルナドールでは、1万人以上の観衆を見込むこの地域最大のブロコ「イーリャ・エスコスタ・キ・エリ・クレッスィ」が1月30日(土)16:00よりジェルサレーン広場にて、「ヴェルメーリョ・イ・ブランコ・ダ・コロニア・Z-10」が2月7日(日)10:00よりサンペドロ広場でパフォーマンスを行う。

<バーハ/ジャカレパグアー(バーハ・ダ・チジュッカ、ジャカレパグアー、シダーヂ・ヂ・デウスなどを含む地域)>

バーハ・ダ・チジュッカでは、1万人の観衆を見込む「カルーセウ・ヂ・エモソィンス」が2月6日(土)10:00よりエリコ・ヴェリッシモ通りの先のルーシオ・コスタ通りにて、地域で最も多い5万人の観衆を見込む「ブロコ・ド・トリオ」が2月9日(火)11:00より同通りに登場する。

多くのブロコにより街が盛り上がる一方、人々が最もお祭り騒ぎに興じる時期ということもあり、スリの被害や飲酒によるトラブルが多発するのも、カウナヴァウ。ブロコ見学で人ごみに入る際は、被害に遭わないようくれぐれもご注意を。

路上のカルナヴァウ

(文/柳田あや 写真/Fernando Frazão/Agência Brasil、 Tânia Regô/Agência Brasil、André Lobo/Riotur)
写真は2015年のリオ市の路上のカルナヴァウ。写真上、ブロコ・ド・バルバス(ボタフォーゴ地区)、写真下、バンダ・ヂ・イパネマ

■関連記事
サウゲイロの極秘練習
リオのカーニバル、各エスコーラのエンサイオ・テクニコ(公開リハーサル)始まる
リオのコパカバーナ海岸でカウントダウン、盛大に行われる
夏を迎えたブラジル。リオは猛暑で体感温度43.8℃を記録
2015年、ブラジルで最もググられた言葉とは

このエントリーをはてなブックマークに追加