• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

山頂の監視カメラの存在を知らず、カップルが”生中継”される

生中継されたカップル

近年、日本と同様にブラジルでも街中での防犯カメラ設置台数が増え、顔認証技術の進化など防犯・事故への対策が日々報じられている。

防犯に役立つとはいいつつも、防犯カメラの映像に含まれるプライバシー情報の扱いについては世界各地で議論が続いている。そんな中、ブラジル南部のサンタカタリーナ州タンガラー市で、思わぬ場所から思わぬ映像が生中継されて、話題を呼んでいるという。

グローボ系ニュースサイト「G1」が4月2日づけで報じたところによると、31日午前11時半ごろ、若い男女が裸で、シーツをかぶってお楽しみ中のシーンが生中継されていたとのことだ。

生中継してしまったのは、タンガラー市にあるアグードの丘にある、フリーフライトのモニター用カメラだ。この丘はフリーフライト(パラグライダーやパラセーリングなど)の愛好家に人気の場所だという。

3月31日、タンガラー市の軍警察に複数のメールや電話で市民から情報が寄せられ、事件が判明した。

カメラの映像はフリーフライト関係者、模型愛好家たちに向けてインターネットで常時リアルタイムで中継配信されている。

二人は警察署に連行され、事情聴取された。問題のカップルは21歳の青年と15歳の少女。二人はしばらく前からつき合っていたが、山頂にカメラが設置されていることは知らなかったという。

未成年が絡んでいるということで、この件は市の後見評議会に託された。当初、軍警察では、性行為の時点で少女は14歳以上だったことと、同意の上だったことから、強姦罪には当たらないと見ていた。

匿名を条件に「G1」に証言したフリーフライト関係者はこう語る。

「このカメラはフリーフライトの同好会がしばらく前に設置したものですが、この若者たちは本当にカメラがあることを知らず、わざとやったのではなかったのだと思います」

(文/余田庸子、画像/Reprodução)
フリーフライトクラブの監視カメラ映像より。カップルが”生中継”されたタンガラー市にあるアグードの丘

■関連記事
ブラジル人のスキンシップ事情
外国人にとってはショック(?)な「8つのブラジル人の習慣」とは
ブラジルのある夫婦が、結婚してから7年後に姉弟だったと判明!
リオ五輪のチケットは今からでも入手可能か?
ブラジルのスーパーフードも紹介。「おいしいブラジル」刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加