• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

アンベブ、人気ジュースブランド「ド・ベン」を買収へ

ド・ベン ブラジル ジュース

ブラジル国内のビール市場の70%を占めるといわれている、同国の最大手飲料メーカー、アンベブは4月25日(月)、果汁100%ジュースでおなじみのブランド「ド・ベン」を買収することを公表したと現地メディア「G1」(同日づけ)などが伝えている。

取引額は明らかにされていないとのこと。この契約により、ビールと清涼飲料水の巨大メーカーであるアンベブは、果汁100%ジュース市場にも参入することになるという。

「(この契約は)わが社のノンアルコール部門のパフォーマンスを拡大・強化するのに十分な力があります」とアンベブは「G1」にコメントしたとのこと。

経済専門誌「ヴァロール」は、「アンベブは、果汁100%ジュース市場と、その他の機能性飲料のマーケットに参入する」というアンベブのベルナルド・パイーヴァ社長のコメントを報じている。

2007年に研究を開始、2009年に初の商品を登場させた「ド・ベン」は、主力商品である、水や砂糖、添加物を使わない100%天然ジュースで知られるリオデジャネイロ発の人気ブランド。オレンジやぶどう、みかんなどの100%果汁ジュースは、水も加えていない。そのほかに、パイナップル&オルテラォン(ハーブの一種)、リモナーダ(レモン果汁、水、砂糖)、ココナッツウォーター、マテ茶、機能性飲料などがシリーズに加わっている。

かわいいブランドのキャラクターが描かれたパッケージは、スーパーマーケットの飲料コーナーでもひときわ目を引く。現在はフランス、スペイン、コロンビア、ウルグアイにも輸出されているとのこと。近年はジュースだけでなく、シリアルバーなどの健康食品も販売している。

(写真・文/麻生雅人)

■関連記事
不景気な中でも存在感を示す、ブラジルの投資会社と食品業界
ブラジル、ビール市場の成長に翳り!? インベブとSABミラーの資本提携、アンベブへの影響は…
キリン、ブラジルでのビール販売価格据え置きを発表
経済危機にも負けず。ブラジルで健康食品市場が成長
伊勢丹新宿店のブラジルウィークは6月1日(水)から

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

麻生雅人 Massato Asso  ブラジル文化の紹介、文筆、TV・ラジオ番組、ブラジル関連催事企画広告監修、編集、音楽選曲。Mega Brasil編集長。2001年以来、年に数回渡伯してブラジル各地の食文化、トレンド、伝統芸能などを調査。

編著に「A Boa Vida」(三越伊勢丹ホールディングス)、「A Boa Vida 2015」(三越伊勢丹ホールディングス、※サイトのみ)、「ブラジルカルチャー図鑑(共同編集:山本綾子)」(スペースシャワー・ブックス)、「ブラジリアン・ミュージック」「サンバ」(以上シンコー・ミュージック)など。「るるぶ ブラジル・アルゼンチン」、「R25」、「アウテルナチーヴァ」など旅行ガイド、雑誌、ブラジル音楽CD解説などにも執筆。

出演は「ボサノバ最高の詩人モラエス」(NHK-FM 13年11月)、「日曜喫茶室」(NHK-FM 14年5月)、「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ 14年6月)、「ブラジルまるかじり紀行」(NHK-FM 14年6月)、「ブラジルまるかじり紀行2」(NHK-FM 15年6月)、「今日は1日ブラジルまるかじり三昧」(NHK-FM 16年7月)、「ノンストップ」~<そもそもシュラスコとは何?>(フジテレビ 16年8月)など。

講演は「第一回ブラジル食品展示会」(駐日ブラジル大使館 16年2月)、「第二回ブラジル食品展示会」(駐日ブラジル大使館 16年8月)、「ブラジルはなぜカラフルなのか」(パナソニックセンター、16年8月)、「カラフルでおいしいブラジル」(LunchTrip 16年10月)、「ブラジル食品飲料市場の最前事情 国内地方産物への注目とQOL志向の高まり」(日本ブラジル中央協会 17年1月27日)、「カシャッサを楽しむ会」(東京カシャッサ倶楽部 17年6月3日)、「OTOMANA×トラモンティーナ ブラジル大使館での文化体験と本場シュラスコ料理」(三越伊勢丹・駐日ブラジル大使館 17年7月19日)、「カシャッサの日を祝う会」(駐日ブラジル大使館 17年9月13日)など。 )。

最新刊は「おいしいブラジル」(スペースシャワー・ブックス、16年)