• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

シュハスコセットやバルバッコア招待券が当たる!?
「BBBQ体験型キャンペーン」

シュハスコ フルッタフルッタ BBBQ

アサイーやクプアスなどアマゾンフルーツでおなじみのフルッタフルッタが、家庭でシュハスコ(シュラスコ)が楽しめる料理セットや、シュハスカリーアの招待券など、シュハスコ(シュラスコ)にまつわる豪華景品を総計110名にプレゼントする「BBBQ体験型キャンペーン」を5月23日(月)より実施する。

BBBQとは、シュラスコ=ブラジリアン・バーベキューの略称。同キャンペーンはブラジル輸出投資振興庁(Apex-Brasil)の支援で推進されている、ブラジルの文化とともにブラジルの魅力を日本に広めるプロジェクト「Be Brasil Tasteful Life」の一環として行われる。

シュハスコ(シュラスコ)は南米大陸南部の草原地帯に広がる牧畜文化の中で生まれたといわれる焼肉料理。鉄などの串に、牛肉をはじめさまざまな肉の部位を刺し、岩塩をふりかけ炭火でじっくりと焼くスタイルで知られている。たき火の周りで地面に鉄などの串を刺して豪快に焼くブラジル南部リオグランジドスウ州に伝わるファホウピーリャ様式のスタイルは、牧畜地帯だけでなく、都市部でもイベントや伝統文化祭りなどのキャンプで今も伝えられている。

都市部では、シュハスコ(シュラスコ)は、シュハスカリーアとよばれる専門レストランや、家庭で開催されるパーティなどで親しまれている。

シュハスカリーアでは、鉄串に刺して焼いた肉塊をパサドールと呼ばれる給仕人が客席を運び回って、焼けた表面を切り分けるパフォーマンスを行う「ホジージオ」と呼ばれるスタイルを行うレストランが人気を博している。ホジージオは行わず、部位ごとに注文するスタイルのシュハスカリーアもある。

シュハスカリーアでは、ピッカーニャ(イチボ)、アウカトラ(ランプ)、フラウジーニョ(ハラミ)、コステーラ(リブ)、コントラフィレ(サーロイン)、クッピン(コブ)など牛肉だけでもさまざまな部位が焼かれるが、ポルコ(ポーク)、フランゴ(チキン)、カルネイロ(ラム)などの肉、リングイッサ(焼いた生ソーセージ)、ケイジョ(焼きチーズ)、アバカシ(焼きパイナップル)など牛肉以外にもアイテムが豊富だ。

シュハスケイラ

一般家庭の多くには、シュハスコ(シュラスコ)専用のシュハスケイラとよばれる肉を焼くグリル施設があり、週末に家族や友人が集うパーティや誕生日のお祝いなどでシュハスコ(シュラスコ)がふるまわれる。マンションなどの共同住宅では共用スペースにシュハスケイラが設置されているところが多い。ブラジル人の生活に欠かせない食文化といえる。

またシュハスコは、ビナグレッチ(玉ねぎやトマト、ピーマンなど野菜のみじん切りを酢で和えたビネガーサルサソース)、ファロッファ(マンジョッカ芋からつくる粉をたまねぎなどと一緒に味つけして炒めたもの。たまごやバナナなどの具を入れることもある)が定番のそえものとして、一緒に食べられることが多い。

「BBBQ体験型キャンペーン」への応募は、期間中に、フルッタフルッタ社のオリジナル製品およびガラナ・アンタルチカを500円(税込)以上購入後、購入時のレシート(複数枚の合算可)や領収書を、専用ハガキもしくはキャンペーンサイトからプリントアウトした応募用紙に貼付して、アンケートやご希望の景品、住所・氏名・電話番号などの必要事項を明記のうえ投函する。専用の応募ハガキや応募用紙以外でのご応募は無効となる。

キャンペーンのレシート有効期間は5月23日(月)より6月30日(木)まで。応募受付期間は5月23日(月)より7月6日(水)※当日消印有効。

商品は、A賞20名(シュラスコセット(グリル、串、肉類、ブラジルワイン赤か白いずか))、B賞15組30名(バルバッコアディナーペアチケット※青山店、丸の内店をのぞく)、C賞60名(Maus 社製グラス 1 個&フルッタフルッタ アサイービネガースパークリング 12 本セット)。

キャンペーンサイト(http://www.frutafruta.com/blog/bbbq2016)は5月23日より公開。詳細の問い合わせはフルッタフルッタ「BBBQ体験型キャンペーン」キャンペーン事務局03-5623-7585(平日 10:00~17:00)まで。

(文/麻生雅人、写真提供/フルッタフルッタ、写真下/Fabricio Zuardi/flickr)
写真下は一般家庭や共同住宅にあるシュハスケイラ

■関連記事
リオのファヴェーラ、サンタマルタの丘に観光案内所、設置される
路上生活から起業家へ。35歳ブラジル人女性のドラマチックな人生
タン航空とラン航空がラタングループの新デザイン機体を発表
公開講座「ブラジルにおけるマンガ事情 -日系人と日本文化の果たした役割-」
イヴァン・リンスが日本のジャズ・オーケストラやジョイスと共演

このエントリーをはてなブックマークに追加