• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの有名ビール・ブランド「Skol(スコウ)」の由来

スコウ skol ブラジル ビール

ブラジルのビールと言えば、個人的にはSkol(スコウ)がまず初めに頭に浮かびます。数あるビールブランドの中でもスコウのビールはどの店に行っても必ず店頭に並んでいるほど人気のあるブランドです。

スコウのビールは特に苦味が少なくて、個人的にはあまり好きではないのですが、ブラジル人はどちらかと言えば苦味の少ないビールを好む人が多いようです。

ところで、このブランド名「Skol(スコウ)」とは、もともとスカンジナビア半島で話されていた言葉に由来するもので、乾杯をする際に北欧人が発声する言葉だそうです。ブラジルの「サウージ(Saúde)」に相当する単語です。

スウェーデン語では「skål」と書き、デンマーク語、ノルウェー語では「skaal」と書くそうです。これらの単語は本来「椀、コップ」という意味があります。興味深いことに、オーストラリアでは、一気飲みのことを「Skol」と呼ぶそうです。

さて、冒頭で記した通り、ブラジルにおいてSkol(スコウ)といえばビールのブランド名として認知されています。このSkol(スコウ)、元々はデンマークのカールスバーグ社のブランドの一つだったのですが、1967年にアンベブ社がライセンス契約を結んでからブラジルでも流通するようになり、現在に至っています。

Skol(スコウ)はブラジルでは革新的ブランドとして知られていて、1971年にブラジル初の缶ビールを発売しています。また、ロンギネッキ(long neck)と呼ばれる小ビン・ビールを発売したのもSkol(スコウ)が最初だったそうです。

(文/唐木真吾、写真/Junior Pirone/flickr、参考/significados/Significado de Skol)

■関連記事
長い時間をかけて育てた鶏肉の需要が高まってます
「世界ふしぎ発見!」で”白と青の奇跡の砂丘”レンソイスを紹介
まるで高級ホテル! エンブラエル社、超富裕層向けジェット機発売
日本人移民の暮らしをアートの視点でとらえた大原治雄写真展、日本各地で巡回展示
サンタカタリーナ州、最低気温マイナス7度に観光客が殺到

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2011年、社会人6年目に大学時代からの趣味であった海外一人旅が高じて、インドネシアのジョグジャカルタに4ヵ月間留学。帰国後、勤めていた監査法人を退職し、練馬のおんぼろ木造共同アパートを拠点にジャカルタでの就職活動を展開するも、予想外にもそれまで関係のなかったブラジルで働くことに。2012年からブラジル、ペルナンブーコ州ペトロリーナ在住。いまではすっかりブラジルの魅力にハマってしまいました。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、あまり日本人の居ないブラジル北東部のさらに内陸部からローカルな情報を発信しています。