• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

パナソニックセンターでオリパラ応援イベント開催。8Kパブリックビューイングも

パナソニックセンター東京(江東区・有明)では、リオデジャネイロに行けなくても実際に行ったかのような体験ができる応援イベントを開催している。

8Kスーパーハイビジョン・パブリックビューイングをはじめ、リオの風景を360°見渡せるバーチャル体験、オリジナル”フィッタ”つくり、トークショー「ブラジルはなぜカラフルなのか」などが開催される。イベントはすべて入場無料。

「8Kスーパーハイビジョン・パブリックビューイング」は、日本放送協会(NHK)主催で開催されるイベント。4K映像が投影可能な高輝度のDLP方式のプロジェクター4台を用い、240型の大画面に国内最高輝度40,000ルーメンの8K大画面映像を観覧できる。また、プロ用設備音響機器ブランド「RAMSA」のスピーカーを採用し、22.2チャンネルのサラウンドシステムを組み合わせ、臨場感あふれる8Kスーパーハイビジョンのパブリックビューイングを実現しているとのこと。

期間:2016年8月6日(土)~8月28日(日)
※8月8日(月曜日)、22日(月曜日)は特別開館日
時間:10時00分~18時00分
場所:パナソニックセンター東京 ホール
主催:日本放送協会(NHK)
※22日(月)の閉会式は午前8時から開始します。
※シアターは定員約50名で、入場は先着順。
※満席の場合入場できない場合があります。何卒ご了承ください。
※上映プログラムは急遽変更になる場合があります。

トークショー「ブラジルはなぜカラフルなのか?」は8月20日(土)開催。小学校3年生~中学生を対象に、多様性豊かなブラジルの生き物を知りながら、多様な文化や生活様式が共存しているブラジルという国を紹介する。講師はMega Brasil編集長の麻生雅人。

開催日:2016年8月20日(土)
時間:
【第1回】11時00分~12時00分
【第2回】14時00分~15時00分
定員:30名
場所:パナソニックセンター東京 アトリウム
対象:小学校3年生~中学生
申込制:申し込みはパナソニック東京HPより
※小学生は保護者同伴必須でお申込みいただきますが、参加はお子様が中心です。
※中学生は当日の保護者同伴は任意ですが、お申し込みは保護者の方からお願いいたします。
※開始時間に遅れた場合、参加いただけない場合があります。ご了承ください。

また、オリパラ開催期間中、パナソニック東京では常設イベントも開催している。

「studium」では、開会式や、選手たちの活躍シーンなど、オリンピックの熱気を臨場感あふれる映像で体験できる(※期間により上映内容が変わります。また日程、時間帯によっては上映がない場合もあります)。

「リオの街並み体感」は、まるでリオの街並みに入り込んだような映像体験ができる。シュガーローフ(パォン・ジ・アスーカル)からリオ・デ・ジャネイロの海や起伏に富んだ景色、海や街並み、コルコバードの丘のキリスト像を探してみよう。

「360°リオ体験」は、リオの風景を360°見渡せるバーチャル体験。リオの空、そして地面までも高精細な映像で楽しめる。

「DREAM FITA PROJECT」は、世界にひとつだけの自分だけのフィッタが作れるアトラクション。ブラジル生まれの願掛けのお守り「フィッタ」は、バイーア州のボンフィン教会、セアラー州のシセロ神父像、ベレンのナザレー教会など、さまざまな教会や修道院などにあり、お祈りをした人がお土産に買って帰ったり、教会の門柱に結びつけたりすることが多い。手首に巻きつけて結ぶと、リボンが切れたときにその願いが叶うとされている。実際のフィッタには、各教会など成人の名前や言葉が記されているが、「DREAM FITA PROJECT」ではフィッタに自由にメッセージを印刷できる。

スペシャル企画では、ダンサーの画像との合成映像で誰でもサンバダンサーになれる「なりきりサンバ」と、リオデジャネイロオリンピックを舞台に、マリオやソニック、そしてその仲間たちがさまざまな競技に挑戦するスポーツゲームに挑戦「Wii U『マリオ&ソニック AT リオオリンピックTM』」を開催中。コンテンツは時間帯によって変わる。

「スタジアム体験ガイドツアー」では、オリパラの競技スタジアムで実際に使われているもパナソニックの機材「撮影機材」「セキュリティーカメラ」を実際に体験できる(※当日の運営の都合上、スケジュールの変更やツアーが遅れたり開催されない場合もございますので、あらかじめご了承ください)。

「リオアート体験」では、「チョークアートメーカー」を使って、カラフルなリオの街並みや、人生を楽しむカリオカ(リオっ子)たちのアート作品をイメージして、オリジナル作品にチャレンジする企画。

「フォトブース」ではオリンピックの大会マスコット「ヴィニシウス」と一緒に、持参したカメラで写真撮影が出来る。

「パナソニックセンター東京 リオデジャネイロ・パラリンピック・オリンピック 応援企画 Stadium of Wonders in Tokyo」
期間:2016年7月23日(土)~9月19日(月)
※月曜日休館(8月8日、22日、9月19日は特別開館)
時間:10時00分~18時00分
場所:パナソニックセンター東京
江東区有明3丁目5番1号
03-3599-2600

(文/加藤元庸)

■関連記事
ホテル日航福岡で真夏のブラジルフェア開催
夕食はムケッカ。ホテル椿山荘東京のリオ五輪宿泊プラン
聖火リレー、ジョルジ・ベンジョールもランナーに
オイシックスがキット献立メニューにフェイジョアーダを導入
オリパラ期間中の移動にはこれ! 公共交通機関の「リオカード」

このエントリーをはてなブックマークに追加