• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

感動のリオ五輪開会式を振り返って

開会式 リオ五輪

日程の関係で、サッカーのグループリーグは既に始まっていたが、8月5日(金)(日本時間6日(土))に開会式がリオデジャネイロのマラカナンスタジアムで無事に行われた。まさに「無事に」という言葉がもっともふさわしいと思う。

このリオ五輪は、2009年に東京などのライバルに競り勝ち開催が決まったのだが、決定した日の夜、当時住んでいたブラジルのサルヴァドールの街なかで、人々がオリンピックの開催決定を喜んでいた姿がはっきりと思い出される。

東京は選ばれなかったが、筆者も南米初の五輪開催の決定を心からおめでとう、と思った。

リオ五輪 開会式

2009年当時、ブラジルはBRICsの筆頭として経済状態は上り調子で、前途洋々たる将来を国民の誰もが疑わなかったことだろう。しかし、そんな上り調子の経済状況は長くは続かなかった。あの頃の勢いが嘘のように、今のブラジルは停滞しきっている。

2014年のサッカーW杯のときもそうだったが、今回のリオ五輪は特に本当に開催できるのかと思わざるを得なかった。

筆者は、今年3月にリオデジャネイロにあるメインスタジアムのマラカナンスタジアムの前にも行ったが、本当にここでオリンピックが行われるのか、と思ったものだ(次ページへつづく)。

(文/コウトク、写真/Roberto Castro/Brasil2016)

■関連記事
リオ五輪開会式、盛大に開催。日系移民の歴史もフィーチュア
リオ五輪サッカー、日本もブラジル同様不本意な開幕戦になってしまった
「TOHOKU & TOKYO in RIO」にフェジョンプレット選抜メンバーとともに出演します
リオ五輪聖火リレー最終日、キリスト像へ
ポケモンGO、ついにブラジル上陸。モンスターは選手村にも出現

1 2 3 4
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。