• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

カエターノ・ヴェローゾ、テレーザ・クリスチーナ、「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016」に出演

カエターノ・ヴェローゾ

スイス、レマン湖畔の街モントルーで1967年に始まった音楽の祭典、モントルー・ジャズ・フェスティバル。毎年7月の上旬から中旬にかけて行われるこのイベントには、例年25万人を超えるファンが足を運び、ジャズ、ロック、ブルース、レゲエ、ソウルなど、さまざまなスタイルの音楽を世界の一流アーティストたちが上演する。

今年で開催50周年を迎えるモントルー・ジャズ・フェスティバルの日本版「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016」が10月7日(金)から3日間にわたり東京で開催される。「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン」の開催は、2015年に続き今年で2度目となる。

イベントのキービジュアルを担当するのは、世界的に活躍するファッションデザイナーで、モントルー・ジャズ・フェスティバルの創始者であるクロード・ノブス(2013年に逝去)が最も敬愛したデザイナーのひとりだという山本耀司。

絵画制作も行っている山本氏は、自身のパリコレクションにおいても若手画家とのコラボレーションを披露している。「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016」のキービジュアルは、山本氏がコ2016年にコラボレーションを行った画家、朝倉優佳氏との共作となる。

そんな「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016」では、ブラジル音楽も披露される。

10月9日(日)のステージには、カエターノ・ヴェローゾ、テレーザ・クリスチーナが出演する。この日はその他にも、八代亜紀&クリヤ・マコト・ クインテット、ルル・ゲンズブール featuring アラ・スタルクが出演。会場DJは松浦俊夫が務める。

会場は恵比寿ガーデンホール(目黒区三田1−13−2 ※スタンディング)、開場時間は17時、開演は18時。前売り券:13,000円、当日券:14,000円。

(文/麻生雅人、写真提供/ヴィジュアルノーツ)

■関連記事
最初で最後!? マルコス・ヴァーリも参加するドリームバンドが日本で演奏
サンバ100周年を祝って、「SAMBA100年の歩み」イベント開催
ミス・インターナショナル各国代表が世界大会に向けて来日。ブラジルのマノエラ・アウベスさんも来日予定
ヴィラ・イザベウ、2017年のカーニバル出場に赤信号
ヴァンダレイ・シウバが宣伝した「天ぷら定期券」発売

このエントリーをはてなブックマークに追加