• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「おおいた留学生ビジネスセンター」が「エンルート起業支援室」を開設

エンルート ドローン

10月14日(金)、大分県別府市の「APU PLAZA OITA」は、APU(立命館アジア太平洋大学)の留学生コミュニティ施設で、起業を目指す留学生の支援を目的とした「エンルート起業支援室」を開設すると広報した。

ドローンに代表される無人ロボット技術を、農業、漁業、土木、警備などの産業に活用した事業を志望する起業家のサポートを行う。

同プロジェクトは、日本国内での事業化はもとより、母国での事業支援も積極的に行うという。日本の高信頼性技術は、海外での起業、事業化にも高い競争力を持つと考え、日本で学ばれた留学生と、母国の橋渡しになるような事業展開も期待しているとのこと。

APU(立命館アジア太平洋大学)は留学・海外学習プログラムにおいて、71カ国・地域、454の大学・研究機関等と協定を締結しており、うち46カ国・地域、138の大学・機関と交換留学プログラムを実施している。ブラジルはサンパウロ大学と協定を結んでいる。

「エンルート起業支援室」には、埼玉本社とのテレビ会議システムを設置し、留学生が事業化プレゼンテーションを随時行える環境を用意。プレゼンテーションを通して、エンルートから機材や資金のサポートを行う。また、エンルートのドローン、無人車両などの最新モデルを常備し、起業のアイディア作りや商談に役立てる。クライアントを起業支援室や、併設される打合せ室に招き、テレビ会議による本社スタッフのサポートも交えて商談を進められるよう準備する。

問合せはエンルート(電話:049-293-4567、メールアドレス:info@enroute.co.jp)まで。HPはhttp://www.enroute.co.jp。

(文/麻生雅人、写真提供/エンルート)

■関連記事
ミシェウ・テメル大統領、インドと日本訪問に向けブラジルを出発
ミシェウ・テメル大統領訪日を日本政府が公式発表
リオデジャネイロのキリスト像が建造85周年
ブラジルの物理学の教師、脳の手術中(!)に計算問題に回答
2017年リオのカーニバルの王様、選ばれる

このエントリーをはてなブックマークに追加