• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ミス・ブラジルは「星の王子さま」がお好き

星の王子様 ブラジル

フランス人のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1900-1944)によって1943年に書かれた「星の王子さま」は200カ国語以上に翻訳され、聖書の次に最も売れている本の一つと言われています。

ブラジルでは毎年30万部が売れ続けています。

面白いことに、ブラジルにおいて「星の王子さま」には「ミス・ブラジルの本(livro de miss)」という別名が付けられています。ミス・ブラジルに選ばれた女性が愛読書として名前を挙げることが多いというのがその理由です。

2012年のミス・ブラジル、ジュリアーナ・カバウカンチさん(マラニャン州代表)は、ミス・ブラジルに立候補する前に「星の王子さま」を二度読んだと言います。

「初めて読んだのは9歳の時。15歳の時にプレゼントとしてもらったので、もう一度読みました。この物語は、世界的に知られた寓話であり、目に見えない大事なことを教えてくれます。また、大人として成熟し、責任感を持つことを教えてくれます」と印象に残った理由を説明しています。

80年代に「星の王子さま」は、“文学”としてではなく、幸福感を高める考え方を学ぶ“自己啓発書”としてブラジルで人気を得て、以来、読者数を伸ばしています。

作者のサン=テグジュペリは、作家であるとともに、第二次世界大戦時の軍用機パイロットという経歴も有しています。

(文/唐木真吾、写真/divulgação)
「星の王子さま」、ブラジル版のタイトルは「Pequeno Príncipe(ペケーノ・プリンシピ」)。写真は、マウリシオ・ヂ・ソウザが表紙を手掛けたGirassol Brasil社版(2015年刊)

■関連記事
ブラジル版カップヌードル、スープ入れ替え作戦
ブラジルのインスタントラーメン事情。あの有名ブランド名は日本企業と無関係!?
「いちご新聞」に30年ぶりにマウリシオ・ヂ・ソウザのキャラが復活
ブラジリカグリルが開店1周年記念プラン。極上シュハスコディナー食べ放題が2980円、予約締め切り迫る
フランスから本格派の”ポンデケージョのルーツ(!?)”が上陸

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2011年、社会人6年目に大学時代からの趣味であった海外一人旅が高じて、インドネシアのジョグジャカルタに4ヵ月間留学。帰国後、勤めていた監査法人を退職し、練馬のおんぼろ木造共同アパートを拠点にジャカルタでの就職活動を展開するも、予想外にもそれまで関係のなかったブラジルで働くことに。2012年からブラジル、ペルナンブーコ州ペトロリーナ在住。いまではすっかりブラジルの魅力にハマってしまいました。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、あまり日本人の居ないブラジル北東部のさらに内陸部からローカルな情報を発信しています。