• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンタの家、路上に敷設された視覚障がい者用ブロックを塞ぐ

視覚障がい者用誘導ブロック パラナ州 サンタの家

クリスマスまであと1週間。ブラジルでも町のあちこちでクリスマスツリーやサンタクロースなどがお目見えし、にぎやかさがピークを迎えようとしている。

そんな中、パラナ州の、とあるクリスマス企画が物議を醸しているという。

TVグローボ系列のテレビ局、RPCが12月17日(土)に伝えたところによると、パラナ州ポンタ・グロッサ市に期間限定で設置された「サンタの家」が、視覚障害用の誘導ブロックを塞いでしまっているという。

「サンタの家」はポンタ・グロッサ市中心部のコロネウ・クラウヂオ通りの歩道に設置されている。訪れる子供たちにサンタがお菓子を配り、訪れた人みんなと一緒に写真を撮ることができ、内部のデコレーションも本格的で老若男女になかなか好評の施設だ。

この施設を設置したのはポンタ・グロッサ市商工会議所で、この時期の消費を盛り上げるために行ったという。費用は市内事業主からの寄付金で賄った。

「サンタの家」は今年初めて設置され、人々の注目を集めていることは確かで、17日午後には家の前に行列ができていた。

一方で、設置された場所は多くの人をがっかりさせた。サンタの家が誘導ブロックを塞いでいるからだ。

土曜日に中心街に買い物に訪れた視覚障害を持つ10歳の子供の母親は、「サンタの家」が建っている場所を見て場違いに思ったという。

「サンタの家はとてもきれですが、街は広く、他にいくらでもスペースがあります。何もそこに作らなくてもよかったと思います。誘導ブロックがなければ街を歩くのもままならず、とても困る人がいるのです」(視覚障害児の母、ホザンジェラ・レヴァンドスキーさん)

同様の苦情は他の市民からも寄せられており、SNSでも非難の声が上がっている。

「サンタの家」を設置したポンタ・グロッサ市商工会議所の責任者、ホジメリ・ダロリオ氏は市民の苦情に対し、家の周りには24時間体制でサポートスタッフを常駐させ、視覚障害者への対応が可能な体制をとっていると述べた。

ダロリオ氏曰く、サンタの家は最も良い場所に設置されたという。

「我々は綿密に調査を行い、事業主の要望も考慮した結果、この場所が最適だと判断しました。確かに不都合はありますが、24時間体制での監視体制で解決できていると考えます」(ダロリオ氏)

「サンタの家」は12月25日まで設置され、入場は無料、とのことだ。

(文/原田 侑、写真/Divulgação/Prefeitura)
写真は、路上の中央に黄色の視覚障害者用ブロックシートが敷設されているポンタグロッサ市のコロネウ・クラウヂオ通り。「サンタの家」は同ブロックのライン上に設置されている

■関連記事
「人気上昇中の観光地」番付、世界3位に輝いたブラジル北東部の楽園とは
司法取引に応じた企業の元幹部77人の聴取が完了
ミス・ブラジルは「星の王子さま」がお好き
「いちご新聞」に30年ぶりにマウリシオ・ヂ・ソウザのキャラが復活
フランスから本格派の”ポンデケージョのルーツ(!?)”が上陸

このエントリーをはてなブックマークに追加