• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ハモン・セラーノをシュハスコ・スタイルで提供する新春メニュー

ハモンセラーノ シュハスコ

東京・丸の内にあるバー・ラウンジ「バー・マーブル」では、2017年の1月4日(水)から2月28日(火)まで、スペイン産の生ハム”ハモンセラーノ”を、シュハスコ(シュラスコ)におけるホジージオ・スタイルのように客の目の前で切り分ける食べ放題で楽しめる新春特別企画を実施する。

この特別企画のメニューのメインディッシュは1ポンドリブロースステーキで、ステーキには、玉ねぎなどを細かく刻んで作るブラジル定番のヴィネガーソース“モーリョ・ヂ・ビナグレッチ”が添えられる。

企画を実施する「バー・マーブル」は、皇居を望む荘厳な建築で、国の重要文化財にも指定されている明治生命館の地下一階にある、クラブレストラン「センチュリーコート丸の内」内のバーラウンジ。内装はニューヨーク・アールデコをモチーフにしている。

ハモンセラーノは、スペインで作られる生ハムで、塩漬けにした豚肉を長期間吊るして乾燥させ、特に熟成したものを。世界3大生ハムの一つとされている。1ポンドリブロースステーキに使用しているリブロースは、適度な脂肪分を含み、肉質はきめ細やか、なおかつ旨みが濃厚な部位とされている。

(文/麻生雅人、写真提供/バー・マーブル)

■関連記事
家族とビーチで過ごすリオのクリスマス。体感温度は41.4℃
レンソイス国立公園をドローンで撮影してみた
「美の100年」ブラジル編
2016年のお酒のヒット、キーワードは「クラフトビール」と「チョイ飲み」。ブラジル産も流行に貢献!?
ぐるなび「今年の一皿」にシュハスコがノミネート。シュハスコ(シュラスコ)が食べられる掲載店リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加