• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

アサイー農業の廃棄物を使った家具つくりプロジェクト

nt_assento-de-banco-feitos-com-residuos-de-acai_003050716-850x567

鉄分が豊富で”スーパーフード”としても名高いブラジル北部パラー州の名産品アサイーが、サスティナブルな新しい用途に利用されている事例を現地メディア「G1」や「アジェンシア・パラー」が伝えている。

アサイーのサスティナブルな新たな利用に取り組んでいるのは、同州のマラジョー島にあるサウヴァテーハ市。

アサイーヤシになるアサイーの果実は、直径約1~1.2cmの球状もしくは楕円型をしており、果実の95%は硬い種となっている。すりつぶしてピューレやジュースにできる可食部は、種の周りにあるわずか5%くらいの部分と言われている。

可食部分を採取した後、種は廃棄物となることが多い。一部、着色して天然素材のアクセサリーにする利用法も知られている。サウヴァテーハ市での取り組みは、種の新たな利用方法だ。

パラー大学(Uepa)の学生ジョゼアーニ・ゴンサウヴェス・ハベーロさん(42)もまた、地元でアサイーの非過食部分の廃棄物量が多いことに着目して、同大学の食品関連技術の卒業制作実習のテーマとして、アサイーの廃棄物を、椅子のベンチシート部分に再利用するプロジェクトに取り組んだ。

この制作は農業工学のカルメリッタ・ジ・ファッチマ・アマラウ・ヒベイロ博士とヌイバ・サントス教師に導かれて進められ、ホジヴァン・マトス研究員などの協力も得て進められた。製品の最終形は同州ベレン市の自然科学技術センターのデザイン研究所にゆだねられた。

カルメリッタ博士は、サウヴァテーハ市で日常的に問題となっていることがプロジェクトの背景にあると説明した(次ページへつづく)。

(文/麻生雅人、写真/Nailana Thiely/ASCOM UEPA)
写真は制作した椅子を手にするジョゼアーニ・ゴンサウヴェス・ハベーロさん(42)

■関連記事
レゴアートの世界、リオで披露。ペレを題材にした作品も登場
コスプレも名物!? 聖シルヴェストリ国際マラソン
人気上昇中の観光地、世界3位に輝いたブラジル北東部の楽園とは
2016年のお酒のヒット、キーワードは「クラフトビール」と「チョイ飲み」。ブラジル産も流行に貢献!?
ブラジルの実質金利、世界最高のまま年越しか?

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加