• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

エミレーツ、3月からサンパウロ線にエアバスA380型機を導入

エミレーツ

エミレーツ航空(以下、エミレーツ)は、2017年3月26日からドバイ~サンパウロ間の路線にエアバスA380型機を導入することを1月19日(木)に発表した。

南米路線へのエアバスA380型機の導入はこれが初めで、エミレーツのブラジル就航10周年を記念して行われるとのこと。

同社によると成田~ドバイ間においても、2017年3月26日よりA380型機を再導入する予定とのこと。サンパウロのグアルーリョス国際空港にA380型機が導入されることで、成田からブラジルへの旅をはじめ、ブラジルからアジア各都市へ向かう旅でも、エアバスA380型機のみで移動ができるようになる。

エミレーツは2007年10月に、世界で初めて直行便で中東と南米を結ぶ路線を開設した。その後、ドバイ~リオデジャネイロ間のデイリー便の運航を開始して、ブラジルでのプレゼンスを高めてきたという。

世界に150都市以上広がる同社のネットワークには、成田をはじめとするアジアのさまざまな都市、パリ、ローマ、ミラノなどのヨーロッパの都市、インド洋のリゾートなど、エアバスA380型機が導入されている就航都市は40以上に渡っているという。

同社は世界最大のエアバスA380型機のオペレーターとして、現在エアバスA380型機を92機保有し、さらに50機を発注しているという。2008年以降、エミレーツがエアバスA380型機で運んだ乗客の数は6,500万人に上るとのこと。

日本~サンパウロ路線(ドバイ経由)スケジュールは下記。

エミレーツ

注: 時刻は現地時間。*2 月、木、金、土、日曜日の時刻表。火、水曜日は成田21:20発ドバイ03:35(翌日)。

ドバイ~サンパウロ線には3クラスのエアバスA380型機を導入する予定で、ファーストクラス・プライベート・スイートを14席、ビジネスクラス・フルフラットシートを76席、エコノミークラス・シート401席、合計491座席となっている。

今回のサンパウロ線におけるエアバスA380型機切り替えにより、ドバイ~サンパウロ間の座席数は、片道1週間あたり合計959席増えることになり、同社は、増加傾向にある本路線の需要を満たすとしている。

エミレーツはまた、サンパウロのグアルーリョス国際空港がエアバスA380型機に対応できるよう、空港施設の改修工事も行ったという。

エミレーツは、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを本拠地に世界83か国154都市に就航している航空会社。創業は1985年。

エミレーツ航空(http://www.emirates.com/jp/japanese/)の予約、問い合わせはエミレーツ航空 コールセンター(TEL: 03-6743-4567/9時~19時、年中無休)まで。

(文/麻生雅人、写真・画像提供/エミレーツ航空)

■関連記事
エミレーツ航空とゴウ航空、マイルやコードシェアなどで提携
リオのカーニバル、公開リハーサル始まる
化粧品ブランド、グラナードが「トロピカーリア」シリーズを発売
ロクシタン・ブラジルが新ライン「アブラッソ」を展開
在日外国人のこころのケア団体「横浜いのちの電話」、2017年の相談員養成研修参加者を募集

このエントリーをはてなブックマークに追加