• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

世界36か国での「中堅企業経営者『景況感』意識調査」
ブラジルは11位で、前期比で大きくポイントを改善

ブラジル 景気回復

1月26日(日)、太陽グラントソントンが、2016年11月に実施した非上場企業を中心とする中堅企業(従業員数100人~750人)経営者の意識調査の結果を公表した。

この調査は、グラントソントン加盟主要36カ国が実施する世界同時調査の一環で、日本では2016年11月2日~11月16日、インターナショナルでは2016年11月に、2,580名の世界の中堅企業ビジネスリーダー、または経営トップを対象に行われたもの。

今回の調査で、調査対象国36カ国のうち景況感DI(※バランス統計手法Diffusion Index の略。景気判断DI「良い」との回答比率から「悪い」との回答比率を引いた景況感を示す指数)が高い国はインド(88)、インドネシア(88)、フィリピン(80)などで、景況感DIがマイナスを示した国は、ボツワナ (-6)、ロシア (-7)、シンガポール (-28)、マレーシア (-36)、日本 (-45)、ギリシャ (-56)となった。

2016年8月にリオデジャネイロでオリンピック・パラリンピックが開催されたブラジルの景況感DIは(59)で、36か国中11位だった。前期比では41ポイント改善となり、今回の調査では最も大きなポイント改善となった。

主要先進国では、EUからの離脱が明らかとなった英国がDI(26)と対前期比で14ポイント減と大きくDIを下げ、その英国にとって大きな貿易相手国であるシンガポールもDI(-28)と対前期比で16ポイント減となった。

全体としてはDI値がマイナスを記録した国は6カ国と、前回の8カ国より減少しており、世界36カ国の平均では同6ポイント増となり、全体としては復調の兆しがうかがえる(EU離脱を問う国民投票は2016年6月、本景況感調査は同年11月に実施された)。

また経済危機以降、景況感が低迷しているギリシャは、DI (-56)で前期比6ポイント減、順位もひとつ下げて最低位となった。

日本の景況感は、2016年第2四半期に大幅に悪化してDI (-51)で最低位となっていたが、今回はDI (-45)となり、依然としてマイナスの値ではありながらも対前期比で6ポイント増で、ギリシャと入れ替わり35位に浮上。この結果を受けて太陽グラントソントンは、日本に景況感に回復の兆しが見られるとしている。

今回の調査に参加した36か国は、<アジア太平洋地域> 日本、オーストラリア、中国、インド、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、タイ、 フィリピン、<EU加盟国> エストニア、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、リトアニア、
オランダ、ポーランド、スペイン、スウェーデン、英国、フィンランド、<北中南米> 米国、カナダ、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、<その他> トルコ、ロシア、ジョージア、アルメニア、ボツワナ、南アフリカ、ナイジェリア、マルタ。

(文/麻生雅人、写真/ José Cruz/Agência Brasil)
写真は2016年3月、ブラジリアの魚市場

■関連記事
ブラジルで、グルテンフリーなど機能性食のパン屋が話題に
日系3世の料理研究家サトウ・ヒラタ・マリさん、サンパウロの人気グルメレストランで現地シェフとコラボ
1月26日(木)、人気シュハスコ店「Tucano’s 渋谷」がリニューアルオープン
2017年、1月だけでリオ州の警官の死者は18名、負傷44名
アイキ・バチスタ氏、収監される。ブラジルに帰国後、逮捕

このエントリーをはてなブックマークに追加