• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

約8千人が会場に泊まり込み。IT・先端技術の祭典、サンパウロで開催

キャンパス・パーティ

円安や日本政府の「Visit Japan」キャンペーンの成果もあって、日本を訪問する外国人観光客が増えてきている。ブラジル人も例外ではなく、都内の地下鉄などでポルトガル語が聞こえてくることも少しずつ増えてきた。

日本にやってくるブラジル人観光客に人気の訪問先として常に上位にあるのが「秋葉原」。ブラジルの高い輸入関税の影響で、外国製品をブラジル国内で買うと非常に高いこともこの状況を後押ししていると思われる。

そんなブラジル人のITへの関心の高さを示す名物イベントが、今年もサンパウロで行われて活況を呈したという。

TVグローボが2月5日、経済情報番組「ペケーナス・エンプレーザス・イ・グランヂス・ネゴーシオス」で伝えたところによると、サンパウロ市モルンビーで1月31日から2月5日まで国内最大級のITイベント「キャンパス・パーティ」が行われたという。

キャンパス・パーティ

当イベントは今年で10年目を迎える。イベント期間中は会場内に設置された8か所の舞台で1日24時間を通して、計700時間を超える講演、座談会、ワークショップ、計100時間のハッカソンの機会が提供される。

イベントの主催者は、ITの第一線で活躍するプロと学生たちのネットワーキングの機会にする意図があったが、学生だけでなく、プロアマを問わずIT関連技術者たちがブラジル全国から集結するイベントとなった。

いかなる機会をも見逃すまいと、新しいテクノロジー、ポップカルチャーに熱中する約8000人が会場内のスペースにテントを張って寝泊りしていたという。

キャンパス・パーティ

会場では自らが開発した新技術・新商品を紹介できる参加者ブースもあり、ベンチャーキャピタル等からの資金援助を期待するIT起業家にとってはまたとない機会だ。

また今回からは社会問題、環境問題とコマーシャリズムの共存に関するサスティナビリティ推進プロジェクトにインセンティブを与えたいと、国連が初めて参加したという。

次回は2017年6月14日~18日、ブラジリアで行われるとのことだ。

(文/余田庸子、写真/Campus Party Brasil)
写真は1月31日~25日にサンパウロ市で開催された第10回キャンパス・パーティ・ブラジル

■関連記事
1月の単月インフレ率、30年間で最低に。物価上昇に歯止めか
リオは「路上のカーニバル」の季節
原宿駅前に「アスレタ」が期間限定ポップアップストアをオープン
ブラジルで「電子レンジ調理できるシメジ」が話題に
リオ・オリパラから半年。オリンピック村はゴーストタウン!?

このエントリーをはてなブックマークに追加