• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

週末も、リオの路上のカーニバルは大盛り上がり

スパンタ・ネネン ブロコ リオ

カルナヴァウ(カーニバル)・シーズン、リオデジャネイロ市の週末は、市民などが主宰するカーニバル団体「ブロコ」が街中を行進して賑わう。

2月12日(日)も、リオ市のさまざまな地域で各地元の「ブロコ」が行進して、カリオカたちも観光客も真夏の暑さや太陽の強烈な陽ざしをものともせずに、”路上のカーニバル”を楽しんだと現地メディア「G1」が伝えている。

ゾナスウ(市の南部)では、朝からブロコ「ミ・エスケッシ」がジャルジン・ボタニコ地域に登場、約5000人の観衆とともに盛り上がった。サン・コンラードではブロコ「シャミ・ジェンチ」が行進して海岸をにぎわせた。

ミ・エスケッシ ブロコ リオ

フラメンゴ公園では、ポールダンスの3つのグループによって構成されているブロコ「ポーリ・ブロコ」が芝生の上でパフォーマンスを行った。

コパカバーナ地域では、ブロコ「アレグリア・セン・ヘサッカ」が、アルコールの乱用や違法薬物の使用に反対するメッセージを表明した。ラランジェイラス地域ではブロコ「ヴォウタ、アリッシ」が幅広い年齢層の2000人の観衆を盛り上げ、路上をダンスフロアに変えてしまった。同じく市の南部で「カウマ、カウマ・スア・ピラーニャ」が約7000人を盛り上げた(次ページへつづく)。

キ・エウ・ガモ ブロコ リオ

(文/麻生雅人、写真/Fernando Maia/Riotur)
写真は上と下は2月11日、リオの路上をにぎわせたブロコ「スパンタ・ネネン」(上)と「キ・エウ・ガモ」(下)。写真中は12日、「ミ・エスケッシ」

■関連記事
エミレーツ、成田路線エアバスA380運航記念で早割セール
カーニバルシーズン。ポルトアレグリも街はブロッコで大賑わい
リオは「路上のカーニバル」の季節
原宿駅前に「アスレタ」が期間限定ポップアップストアをオープン
約8千人が会場に泊まり込み。IT・先端技術の祭典、サンパウロで開催

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加