• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの「6月祭り」名物、世界最大の”足型のお菓子”とは

ペジモレッキ カルアルー

UMA(未確認動物)のビッグフットが捕らえられた…わけではない。写真は、世界最大の「ペ・ジ・モレッキ(いたずらっ子の足)」という名のお菓子だ。

ブラジル全土で毎年6月に開催されるフェスタ・ジュニーナ(6月祭り、サンジョアン祭ともいう)では祭りの期間中、ダンスやコンサート、各地の民俗芸能などの出しものや、民芸品が並ぶ青空市でも盛り上がるが、さまざまな巨大な食べ物が作られて、来場者にふるまわれるイベントも、毎年恒例の行事となっている。

この”巨大食べものフェス”は地域によって作られるものが異なるが、国内最大規模の6月祭り(フェスタ・ジュニーナ)が行われることで知られるペルナンブッコ州カルアルー市では、ひと月を通して、巨大なクスクス、巨大なポレンタ(とうもろこし粉のフライ)、巨大なタピオカ、巨大なボーロ・ジ・ホーロ(ペルナンブッコ州名物のご当地ロールケーキ)などがつくられ、観光客を楽しませる。

しかし、地域を超えて、この時期に巨大なお菓子がつくられ、”世界一”が競い合われて話題となるのが、ハパドゥーラ(黒砂糖の塊)にナッツ(主にピーナッツ)を混ぜ込んで作られるブラジルの国民的なお菓子「ペ・ジ・モレッキ(いたずらっ子の足)」だ。

(次ページへつづく)

(文/麻生雅人、写真/Divulgação)
写真はペルナンブッコ州カルアルー市のフェスタ・ジュニーナ(6月祭り)で披露された巨大「ペ・ジ・モレッキ(いたずらっ子の足)」

■関連記事
世界最大のサンジョアン祭、カルアルー市で開催中
ブラジルのコンセプトストア、渋谷に誕生。リオ発サンバのブランドも展開
ザ・ボディ・ショップの買収に名乗りあげるブラジルの大手化粧品メーカー、ナトゥーラとは
ブラジルの路上にマクドナルドの移動「ドライブスルー」が出現!?
ブラジルのカカオ生産、パラー州で好調

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加