• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

バンダ・マンダカリーニョが本日(6月28日)、初のCDを発売。
レコ発ライヴは奇跡の夜…になるかも!?

バンダ・マンダカリーニョ

指揮者・作編曲者の八木美楠子さんを含め総勢17名の無国籍にぎやかビッグバンド、バンダ・マンダカリーニョが結成7年目にして初のCDをとなるミニアルバム「Um Pouquinho de Carinho~A Little Bit of Love」を、今日、6月28日(水)に発売した。

CD発売を記念して7月5日(水)にはリリースライヴも行われる。

「ずっとアルバム作りたかったんです。ブラジルにあるステキなスタジオも紹介してもらって見積もりまでもらていたんですが、いかんせん17人編成で渡伯することはかなわず…」(八木美楠子さん)

編曲及びオリジナル曲の作曲も手掛けるバンドの中心人物である八木美楠子さんは、長年の夢だったCDを制作することになったいきさつを語った。

「バンドのギタリストの平岡(遊一郎)さんは数多くのジャズシンガーを手掛けているプロデューサーでもあるのですが、その彼が、今できる形でステキなものを作ろうと、サウンドプロデューサーに立候補してくれたんです」(八木美楠子さん)

コントロールルームのないスタジオでの録音ではあったが、「思わず『イェーイ!』って言うのを我慢するのが大変でした」と八木さんは語る。

1stミニアルバム「Um Pouquinho de Carinho~A Little Bit of Love」に収められたのは、洗練されたMPB(ブラジリアンポップス)を中心としたレパートリーの中から厳選された5曲。この5曲は、リズム王国のブラジルの各地方に伝わるさまざまなリズムを紹介できるように選曲されているという。

「ミウトン・ナシメントの『カシャンガ』はマルシャのリズムにアレンジしています。『カンガーリャ』はブラジルギター界の大御所ジョアン・リラの曲。ブラジル北東部の伝統音楽バイアォンのリズムです。最後の3小節は、ブラジル好きの方にとってはどこかで聴いたことがあるフレーズかもしれません。ヒントは、ジョアンの出身は北東部のアラゴアス州です」(八木美楠子さん)

また、5曲のうち2曲は、バンドの結成当時の中心メンバーだったという故パウロ・セーザル・ゴメス(パウリーニョ)に捧げられている。

八木さんのオリジナル曲「フェスタ・コン・アモール」は生前パウリーニョがアレンジに参加した曲。そしてもう1曲、「ボレロ・ヂ・パウリーニョ」は、パウリーニョ自身が作曲した曲だ。

「パウリーニョが亡くなる前に病室で書いたボレロの曲です。パウリーニョの盟友でもあるグスターヴォ・アナクレートが心を込めてアレンジを書いてくれました」(八木美楠子さん)

実はアルバムの発売記念ライヴが行われる7月5日は、そのパウリーニョの誕生日でもある。もしかしたら何か奇跡が起きるかもしれない!?

アルバムリリース・ライヴは7月5日(水)、赤坂Bflat(港区赤坂6丁目6−4)にて行われる。1st set/19:30、2nd set/21:00(入れ替えなし)。ミュージックチャージは3000円(全席自由) 予約・問合せは「赤坂Bflat」(jazz_bflat@yahoo.co.jp、TEL:03-5563-2563)まで。

<出演メンバー>

Trumpets:Luis Valle, 田中充, 高瀬龍一, 竹内悠馬
Trombones:佐藤洋樹, 上杉優, 堂本雅樹
Woodwinds:Steve Sacks, Gustavo Anacleto, Andy Wulf,
長島一樹
Guitar:平岡遊一郎
Piano:宮野寛子
Vibraphone:鈴木千恵
Bass:加瀬達
Drums:加納樹麻
Arrangement + Direction:八木美楠子

ミニアルバム「Um Pouquinho de Carinho~A Little Bit of Love」は本日、6月28日発売。

1. Festa com Amor (フェスタ コン アモール)
作曲:八木美楠子 編曲:Paulo Cesar Gomes, Mauricio de Souza, 八木美楠子
2. Caxanga (カシャンガ)
作曲:Milton Nascimento 編曲:八木美楠子
3. Emoldurada (エモルドゥラーダ)
作曲:Ivan Lins 編曲:八木美楠子
4. Cangalha (カンガーリャ)
作曲:João Lyra 編曲:八木美楠子
5. Bolero de Paulinho (ボレロ ヂ パウリーニョ)
作曲:Paulo Cesar Gomes 編曲:Gustavo Anacleto

タワーレコード(http://tower.jp/item/4533444/Um-Pouquinho-de-Carinho-~-A-Little-Bit-of-Love)、HMV(http://www.hmv.co.jp/artist_Banda-Mandacarinho_000000000714650/item_Um-Pouquinhode-Carinho%E3%80%9CA-Little-Bit-of-Love_7929768)、山野楽器(https://www.yamano-music.co.jp/userProdDetailCD.do?itemCode=4117051702&itemClass=C)などで発売中。

(文/加藤元庸、画像提供/バンダ・マンダカリーニョ)

■関連記事
ジョイス公演、2017年はペドロ・ミランダがゲスト
「第26回 ハママツ・ジャズ・ウィーク」でダヴィジ・シウヴァ、アルマンド・マルサウが小野リサと共演
8月21日に北米大陸で観られる皆既日食、ブラジルでも話題
ナトゥーラによるボディショップ株式買取は6月26日を予定
市の予算削減で…2018年はリオのカーニバルが中止される!?

このエントリーをはてなブックマークに追加