• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルのオレンジ輸出量、1991年以降最低の水準に

ブラジル オレンジ 輸入 不作

日本で最もポピュラーな果物ジュースの一つがオレンジジュース。そのオレンジがブラジル産という事実は少しずつ浸透しつつあるが、農林水産省が2015年11月に発表した財務相貿易統計によると、日本の輸入オレンジの7割強がブラジル産だという。

しかし、日本とゆかりの深いブラジル産オレンジ、今年の収穫はあまり芳しくないという。

グローボ系ニュースサイト「G1」が7月16日づけで伝えたところによると、2016-17年のブラジルでのオレンジ出荷量は89万4000トンで、1991年以来最低レベルで、前年比でもマイナス17%だったという。

ブラジル産オレンジの70%以上を出荷しているのがサンパウロ州で、出荷されるオレンジの95%が輸出用だ。今季はサンパウロで気温が高く、水不足だったことが収穫に影響したとのことだ。

サンパウロ産オレンジの大半は州内アララグアラ市にある加工場に運ばれ、ジュースとして輸出される。

収穫量の減少で収入も減ったが、単価を上げる交渉により、売上はジュース1トンあたり前年比+200ドルの約1800ドル(約20万円)で、金額の減少は7%程度に収まった。在庫レベルが低いことも価格交渉に有利に働いたとみられる。

なお、2017-18年の収穫量は増加が見込まれている。

(文/原田 侑、写真/Thiago Gomes/AG. Pará)
写真はパラー州のオレンジ農場

■関連記事
ブラジレイラォン(ブラジル全国選手権2017)第十七節結果
サンパウロで結膜炎が大流行
カピバラにスイカ。「スイカピ」はじめました
リオで国際数学オリンピック開催。日本人が金メダルを獲得
ブラジルで天然素材の農業用保水ゲル実用化へ

このエントリーをはてなブックマークに追加