• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

エミレーツ航空、ブラジル就航10周年迎える

エミレーツ ブラジル

エミレーツ航空は、10月25日、2017年10月でブラジル就航10周年を迎えたことを発表した。

エミレーツはブラジルと湾岸地域をノンストップで結ぶ初の航空会社として、 2007年10月にドバイ~サンパウロ線の運航を開始した。

その後、2012年にドバイ~リオデジャネイロ線のデイリー運航を開始。2017年年3月には南米初となるエアバスA380型機をサンパウロ線へ導入。A380機の導入により、週当たり959席の増加となった。

年間旅客輸送実績は、ブラジルに就航した2007年は約2万6000人だったが、2016年には単年で約28万8000人にまで伸び、10年間で200万人以上の旅客を輸送した。

また、ドバイを経由する日本(東京・大阪)~ブラジル線は利便性が高く日本からも人気の路線だが、ブラジルからエミレーツを利用する旅客の人気の旅先としても、ドバイ、上海、香港、バンコクに並び、東京がランクインしているという。

貨物においては、 2007年の就航以来、 2万5000トン以上の輸入貨物と1万1000トン以上の輸出貨物を輸送して、ブラジルと世界をつなぐ重要な役割を担ってきた。

主な輸入品は自動車や航空機のスペア部品、 化粧品や医薬品などで、主な輸出品は一般貨物、種卵、スペア部品、靴、果物、野菜など。主な輸出先は、アラブ首長国連邦、インド、サウジアラビアで、主な輸入元は、香港、インド、中国とのこと。またエミレーツではここ数年、貨物専用機によるチャーター便での貨物輸送も行っており、競走馬やヘリコプターなどの大型貨物も取り扱っているという。

ブラジル開発商工省によると、2007年~2016年のブラジルからアラブ首長国連邦への輸出額は8%(12億米ドルから22億4千米ドル)増加しており、同期間の総貿易額は72%(15億米ドルから26億米ドル)増加しているとのこと。

とりわけアラブ首長国連邦とブラジルとの貿易は活発で、2016年の二国間貿易額は26億米ドルに達した。この貿易の大部分はブラジルからの輸出であり、ブラジルに19億米ドルもの貿易黒字をもたらした。アラブ首長国連邦はアラブ諸国内でブラジル製品の輸入額が2番目に大きく、2016年の輸入額は22億4千万米ドルに達した。これは、 ブラジルから湾岸諸国への輸出額の約40%に相当しており、食品がその大部分を占めている。

さらにエミレーツは、2016年10月には、 ブラジルのゴウ航空との共同運航およびフリークエント・フライヤー・プログラム(FFP)の提携を発表した。

この提携により、 エミレーツ(国際線)とゴウ航空(ブラジル国内線)の予約とチケット購入を1度で完了することができるようになり、航空券の発券からチェックイン、受託手荷物の預け入れまで、シームレスな旅行が可能となった。また、両社の共同運航により、サンパウロで乗り継いでポルト・アレグリ、サウヴァドール、ベロオリゾンチ、クリチーバ、ブラジリアなど国内の各都市へのアクセスも便利になった。

エミレーツは、 サンパウロ線には3クラス制で合計491席(ファーストクラス14席、 ビジネスクラス76席、 エコノミークラス401席)のエアバスA380型機を導入しており、ドバイからブラジルへはサンパウロ(エアバスA380型機)とリオデジャネイロ(ボーイング777-300ER型機)の2都市へ現在運航、リオデジャネイロからブエノスアイレスはボーイング777-300ER型機で運航している。

(文/麻生雅人、写真提供/エミレーツ航空)

■関連記事
11月、新宿にアサイーカフェ2号店がオープン
今最も注目されるブラジル人選手、プレミアの舞台で躍動するガブリエウ・ジェズス
ネイマール父の教育事業「ネイマール・スポーツ」、4か国100カ所で事業展開へ
貧富の差が大きな国!? ブラジル
ブラジルからは2軒の美術館・博物館を掲載。「美しい世界の傑作ミュージアム 何度でも行きたい素敵な博物館、美術館」発刊

このエントリーをはてなブックマークに追加