ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル対日本、格の違いを見せつけたチチ監督率いるブラジル代表

ネイマール 日本対ブラジル

サッカー、ブラジル代表と日本代表の国際親善試合が、11月10日(金)13時からフランス北東部のリールで行われた。

まずキックオフの時間に関してだが、現地では相当な違和感を持って受け入れられていたようだ。日本時間で夜9時、ブラジルの主要都市では朝9時ということになる。日本ではゴールデンタイムになるが、ブラジル、そして現地フランスでは、観戦するには難しい時間帯である。いくら親善試合とはいえ、フランスリーグで活躍するネイマールをはじめとするブラジル代表の試合はフランス国民も見たいはずだ。

このキックオフ時間の決定には日本側のリクエストが相当に強かったのだろう。そのおかげで日本在住者にとってはテレビで観戦するうえで、これ以上ないほどの時間設定だった。今回の試合をテレビで観戦した人はとても多かったと思う。

 日本ブラジル

日本代表とブラジル代表との試合は、ここ数年、かなりの頻度で行われている。2012、13、14年と3年連続で行われているし、フル代表ではないが、昨年のリオ五輪の直前にU23(オリンピック代表)のチームで対戦していることは記憶に新しい。

ただし、いずれの試合でも日本は1点も取れずに完敗を喫している。

今回は、監督がチチに変わり大変貌を遂げたブラジル代表に、日本代表がどう戦うのかが見どころだった。

(次ページへつづく)

(文/コウトク、写真上/C.Gavelle/PSG、写真/Lucas Figueiredo/CBF)
写真上は11月8日、パリのプリンセス公園のスタジアムにてトレーニングを行うないマールはじめブラジル代表。写真下は9日、リールのピエール=モーロワスタジアムでトレーニングを行うブラジル代表

■関連記事
ブラジレイラォン(ブラジル全国選手権2017)第三十三節結果
ブラジレイラォン(ブラジル全国選手権2017)第三十二節結果
リオ五輪・難民選手団のポポレ・ミセンガ選手「東京2020に参加したい」
ブラジル1部のクラブがセレソンを後押し! W杯に全出場国の分析に協力。日本の分析担当は…
故人に化粧を施す葬儀サービス業に転職したブラジル人青年。「”おくりびと”は天職です」

1 2 3 4 5
このエントリーをはてなブックマークに追加