• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルのクリスマス、年越しパーティの定番商品にかかる税金は…!?

マナウス クリスマスツリー

クリスマスまであと2週間を切り、パーティ好きな人々はそろそろ準備に目が向く時期だろう。

ブラジルは真夏にクリスマスと年末年始を迎えることになるが、その祝い方は家族・友人で集まり食卓を囲んだ後、プールサイドやビーチ、街のイベント会場などで打ち上げ花火を楽しむのが定番だ。

これらホリデーシーズンのイベントに欠かせないグッズにかかる税金についての調査がこのほど発表されたという。

グローボ系ニュースサイト「G1」が12月8日づけで伝えたところによると、ブラジルのコンサルティング会社、BDOがホリデーシーズンの必須アイテムの税負担率に関する調査結果を発表したという。

BDOの公的負担分野担当ディレクター、ヴァウミール・オリヴェイラ氏によると、調査に含まれる税金の種類はICMS(商品流通サービス税)、PIS(社会統合基金)、COFINS(社会保険融資納付金)、IPI(工業製品税)でこれらの税負担の高さは世界でもワーストクラスだという。

ホリデーシーズン必需品の価格に対する税負担率ランキングは下記の通り。

1.花火:64.25%
2.スパークリングワイン(国産):57.90%
3.クリスマスデコレーション用部材:47.25%
3.プレゼーピオ*:47.25%
*キリスト誕生のシーンを表した卓上の飾り物。馬小屋のセットに幼子キリスト、聖人、天使などを配している。
3.イルミネーション:47.25%
3.クリスマスツリー:47.25%
7.七面鳥、鶏肉(調理済み):25.41%
8.パネトーニ(パネトーネ):21.25%
9.クルミ:18%

このリストを見た一般市民からは「過去のポピュリスト政権によるバラマキの皺寄せだ」「税金がなければGDP成長率は倍増するはず」などの声が上がっている。

(文/原田 侑、写真/Alex Pazuello/Semcom)
写真は12月2日、アマゾナス州マナウス市のリゾート、ポンタネグラでクリスマスツリーや装飾の点灯式が行われた

■関連記事
サンパウロの路線バス、クリスマスのイルミネーション開始
「輝け、日系ブラジル人」教育シンポジウム開催
ブラジルの年金改革法案、12月14日に下院で審議入りへ
新日鉄住金がミナスジェライス州と交流事業を実施
砂糖不使用、アマフル・スイーツのレアチーズケーキやパフェが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加