• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サッカー、2017年クラブW杯。南米代表ブラジルのグレミオは準優勝

アルジャジーラ

あわやジャイアントキリングかと思われたレアルマドリッドとアルジャジーラの準決勝は見どころ満載だった。

浦和レッズは、初戦の準々決勝でアルジャジーラ相手に0-1で負け非常に残念な結果に終わってしまった。この試合に勝てば、レアルマドリッドと対戦でき、本田のパチューカとの対戦の可能性もあったので残念ではあったが。

パチューカは本田の活躍が目立った。

本田はパチューカの中心人物として非常に効果的な動きをしており、積極的に何度もシュートを放ちかなり目立っていた。グレミオとの準決勝でも、パチューカの動きはとてもよく、決勝に駒を進めていても不思議ではなかった。すごくよい働きをしていただけに、パチューカの最後の試合となった3位決定戦に出場しなかったことはとても残念だった。

しかし、今大会一番評価を上げた選手は、アルジャジーラのFWロマリーニョかもしれない。2012~2014年に名門コリンチャンスで活躍しており、2012年のクラブW杯優勝時のメンバーでもあるブラジル人選手だ。

今大会では2ゴールを挙げ、クリスチアーノ・ロナウドらと共に得点王に輝いた。特にレアルマドリッド戦の先制ゴールはカウンターで鮮やかに決まり、世界中を驚かせたのではないだろうか。浦和レッズ戦でもアシストを決めており、勝負強さを感じる選手だった。

現在27歳のロマリーニョは2014年から中東でプレーしているようだが、これを機にヨーロッパのクラブへの道が開けるかもしれない。

(文/コウトク、写真/Antonio Villalba)
写真は準決勝のレアルマドリッド対アルジャジーラ

■関連記事
ブラジレイラォン(ブラジル全国選手権2017)第三十八節結果
ブラジレイラォン(ブラジル全国選手権2017)第三十七節結果
ブラジレイラォン(ブラジル全国選手権2017)、第三十五節でコリンチャンスの優勝決まる
日本のスポーツスタジアム環境を変えるお手本になる!? ブラジルのスタジアム最新事情
今最も注目されるブラジル人選手、プレミアの舞台で躍動するガブリエウ・ジェズス

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。