• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンタンデール銀行、海外送金にブロックチェーン技術を応用

ブラジル 銀行 サンタンデール

グローボ系ニュースサイト「G1」が4月12日づけで伝えたところによると、ブラジルの大手銀行、サンタンデール・ブラジル(以下「サンタンデール」)がブロックチェーン技術を使った海外送金サービスを始めたという。

ブロックチェーンとは、分散型台帳と呼ばれる取引記録の仕組みで、データの改ざんが難しく、セキュリティレベルが高いデータ管理方法。ビットコインなど暗号資産取引の記録方法としてよく知られている。

サンタンデールによると、この新サービスを使った取引では約2時間で送金元から送金先に資金が到達するという。従来のサービスでは銀行が取引を受け付けてから受取人の銀行に届くまで2日以上かかっていた。

「このサービスはサンタンデールのブラジル、スペイン、英国、ポーランドで利用できます。今後数か月で利用できる国の範囲を広げていきます」(サンタンデール広報)

当面新サービス利用者は追加の利用料を支払う必要はないようだ。外貨送金の場合は、送金取組時点で口座から引き落とされる自国通貨額がわかるようになっている。

サンタンデールが新サービスで採用したのは、米リップル社が金融機関向けに開発した、異なる台帳間の取引を可能にするプロトコル、ILPを基盤としたソフトウェアソリューション「xCurrent」とのことだ。

当面は限られた顧客に対してのみのサービスとのことだが、6月末までには新サービスを全面展開するという。

当初はブラジルから英国に向けてのポンド建て仕向送金のみ、3000USドル相当額を上限とする模様だ。6月の終わりにはスペイン向けのユーロ建て仕向送金も可能になる。その他のEU諸国への仕向送金は第2四半期中に徐々に進めていくとのことだ。2019年以降は米国向けドル建て仕向送金とブラジルレアル建て被仕向送金も開始する予定。

(文/原田 侑、写真/Divulgação)

■関連記事
ブラジル、特許出願から登録までの期間は平均8年
「岩合光昭の世界ネコ歩き」でもお馴染み、リオデジャネイロのねこのシキーニョと飼い主の深い絆とは
カネボウ「エビータ ボタニバイタル」のCMで長澤まさみとバルバトゥッキスが共演
アイガモ農法ならぬヒツジ農法、ブラジルで拡大中
カピバラとのふれあおいイベント各地で開催

このエントリーをはてなブックマークに追加