• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルで純国産電気自動車の試験はじまる

ブラジル 電気自動車

通常、電気自動車のバッテリーは車両価格の大半を占めるが、走行距離が短い人にとってはもっと小さくていいはずで、都市の中でちょっとした外出に使う程度であれば、バッテリーは小さくできるし、それによって車両価格も下げられるはずだと考えるようになった。

現在マハトマさんのベンチャー企業は生産ラインを持たないため、彼の電気自動車は1台ずつ、ガレージで組み立てられている。

「私たちの製品は販売店自体で組み立てができ、かつ、アフターサービスも行えることを目指しています。販売店は完全に地域密着型のサービスを提供するのです」(共同経営者、パウロ・ザネッティさん)

ジェトゥーリオ・ヴァルガス財団による最近の調査では、世界中で約200万台の電気自動車が製品として流通しており、2020年には1300万台に達するとのことだ。

ブラジルではまだ電気自動車の存在感は弱く、2011年以降の販売台数はハイブリッド車を合わせてもわずか9000台あまりだ。

しかしながら、重要は高まりつつあるという。

(次ページへつづく)

(文/原田 侑、写真/Reprodução/TV Globo/Pequenas Empresas Grandes Negócios)
写真はグローボ系列の経済情報番組「ペケーナス・エンプレーザス・イ・グランヂス・ネゴーシオス」より。。TVグローボ系列の番組はIPCTV(グローボ・インターナショナル)で放送中。視聴の問い合わせは、080-3510-0676 日本語対応ダイヤルまで)

■関連記事
ブラジル、2017年8月の自動車生産台数は増加
ブラジル、特許出願から登録までの期間は平均8年
テュフ・ラインランド・ジャパンがブラジル向け自動車用鉛蓄電池のINMETRO試験サービスを開始
ブラジルの起業家たちの合言葉は「スマートマネー」
ブラジルの農作物収穫支援予算は6兆6500億円

1 2 3 4 5
このエントリーをはてなブックマークに追加