• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ロシアW杯 決勝トーナメント1回戦、ブラジルは順当にベスト8進出。次戦の相手は、日本相手に劇的勝利したベルギー

ネイマール メキシコ戦

ブラジルの決勝トーナメント初戦が、7月2日(月)18:00(日本時間23:00)にロシア南部の都市サマーラで、メキシコを相手に行われた。

ロシアというと夏でも涼しいイメージがあるが、今年の夏は通常よりかなり暑いようで、先日の日本対ポーランド戦が行われたボルゴグラードもそうだったが、この日のサマーラも30℃を超えているようだ。

決勝トーナメントが始まり、決勝トーナメント1回戦8試合の半分が既に終わっているが、今大会では有力チームが続々と敗退している。

ポルトガルもアルゼンチンも一昨日の試合で敗退したため、ここ数年バロンドールを2人で独占し続けているクリスチアーノ・ロナウドとメッシの活躍も今大会ではもう見られない。

また、2010年南アフリカ大会の覇者であるスペインも、開催国ロシア相手にPK戦の末敗退している。

そんな有力国が続々と敗退する中、ブラジルはベスト8への進出を決めることができた。

ブラジル対メキシコといえば、最近では、フル代表ではないが、2012年のロンドン五輪決勝を真っ先に思い出す。ネイマール擁するブラジルは初優勝を期待されたが1-2で敗れている。

しかし、ブラジルは、実績・実力ともにメキシコをはるかに上回っており、今大会では優勝候補の筆頭にも挙げられている。ドイツ、スペイン、アルゼンチン、ポルトガルといった有力国が消え行く中、負けるわけにはいかない。そんな思いがブラジル人選手たちの共通認識だっただろう。

この試合、輪番制のキャプテンには、第2戦のコスタリカ戦に続き、DFチアゴ・シウヴァ(パリSG)が務めた。

ブラジルの先発は、左SBが前試合の途中で退いたマルセロ(レアルマドリッド)ではなくフィリペ・ルイス(アトレチコマドリッド)が予想通り選ばれていた。前試合で途中退場し心配されたマルセロは、ベンチには入っていた。また、初戦に出場して以来怪我で戦列を離れていた右SBダニーロ(マンチェスターシティ)も、久々にベンチに戻ってきた。

前半は完全にメキシコのペースになった。

(次ページへつづく)

(文/コウトク、写真/Lucas Figueiredo/CBF)

■関連記事
ロシアW杯、ブラジルはグループリーグ1位で決勝トーナメントへ進出
フレスコボール ジャパンオープン2018に”レジェンド”が来日
ブラジルのサックス奏者ホベルト・シオンが来日
サンバ・カリオカの粋を伝える歌手ペドロ・ミランダがジャパン・ツアーを敢行
「ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力」展が開会

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

コウトク  2005年6月~2012年6月まで仕事の関係で、ブラジルに在住。ブラジル在住当時は、サッカー観戦に興じる。サントス戦については、生観戦、TV観戦問わずほぼ全試合を見ていた。2007年5月のサンパウロ選手権と2010年8月のブラジル杯のサントス優勝の瞬間をスタジアムで体感。また、2011年6月のリベルタドーレス杯制覇時は、スタジアム近くのBarで、大勢のサンチスタと共にTV観戦し、優勝の喜びを味わった。現在、スポーツナビのブログ「ブラジルサッカーレポート」(http://www.plus-blog.sportsnavi.com/kohtoku/)を執筆中。