• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

【コラム】JICA横浜 海外移住資料館で、移民をテーマにワークショップを開催

ヘイカポエイラップ

”目がブラジル”の皆さん、こんにちはこんばんは。REI CAPOEIRAP(ヘイ・カポエイラップ)ことカポエイラッパーのREI(ヘイ)です。

2018年はブラジル日本移民110周年。JICA横浜 海外移住資料館で現在、企画展示「日伯110周年の絆-在日ブラジル人-在日30年をむかえた日系人の歴史と日常-」が、いよいよ9月2日(日)までとなりました。あらゆる方面でご活躍している日系ブラジル人の写真が展示されています。

常設展示では、ブラジルに限らず、ハワイやアルゼンチンに渡ったニッケイ人のヒストリーなど海外移住資料館ではならではのたくさんの貴重な資料が展示されています。

さて、企画展示の最終日9月2日(日)にJICA横浜で、”ブラジル日本移民”をテーマにリズムに合わせてラップや歌を歌う音楽ワークショップを行うことになりました。

”移民”という難しいテーマですが、ムービーや紙芝居なども取り入れ(ラップ調ではなく、マジメに読ませていただきます)、最後はお子さんも大人も参加型のビートに合わせてみんなで”ブラジル日本移民”をテーマに歌おう、ラップをしよう、というワークショップです。

14時~15時の1時間、どなたでも参加できます。カポエイラの基本ステップ ”ジンガ ” も入れて、みんなで”カポエイラップ”をしましょう。

今年は僕自身も楽曲「Saúde,Saudade」をリリースしたり、実際にブラジル・サンパウロでたくさんの日系ブラジル人の方々とお話したり撮影したり、”移民”、”ニッケイ”や”海外移住”というキーワードと歴史と背景について考え学んだ年でした。

まだまだ夏はオワラナイ。晴れたお昼は外でシュラスコも乙。”29(肉)”じゃなくて、、、9月2日はJICA横浜 海外移住資料館で “92(国)”について考えてみませんか?

カポエイラッパーREIでした。

(文・画像提供/REI CAPOEIRAP)

■関連記事
差別発言でお騒がせのボウソナロ議員にリオ州司法裁判所が罰金命令
ボウソナロ議員、差別発言で黒人社会に対し損害賠償を命じられる
ブラジル人たちの不思議な名前の呼び方
ブラジルでサッカー選手の「あだ名」登録が廃止に!?
ブラジルのクラフトビール生産者、3年で約2倍の増加。雇用も創出

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

REI CAPOEIRAP は日本のインディーズアーティスト/カポエイラッパー。 東京生まれ香港育ち。"REI"という名は自身が傾倒するブラジル伝統格闘技カポエイラの”しこ名”である。 Facebookページ https://www.facebook.com/CAPOEIRAP/ YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/user/CAPOEIREI​​ 問合せ rei.capoeirap@gmail.com