• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの“ボテコ料理”が楽しめる「ボン・フルート」が人形町に開店

ボン・フルート

日本橋人形町に、ブラジルのボテコ料理やワインを楽しめる「BOTECO BOM FRUTO ボテコ ボン・フルート」がオープンした。一般営業は1月10日(木)からスタートする。

ボテコとはブラジルの庶民的な居酒屋で、お酒だけでなく、フランゴ・ア・パッサリーニョ(ブラジル風のから揚げ)やボリーニョ・ジ・アホース(ライスコロッケ)などコミーダ・ジ・ボテコと呼ばれる居酒屋料理が楽しめるのも魅力のひとつだ。

「ボテコ ボン・フルート」の看板メニューは、まさにコミーダ・ジ・ボテコ。お店を主宰する山田哲平さんは「シュハスコだけではなく、ブラジルにはまだまだおいしい料理があるので、もっと日本で知ってもらいたい」と語る。

例えば、薄切りにしたピッカーニャを卓上鉄板プレートで自分たちで焼いて食べるピッカーニャ・ナ・シャパ。サンパウロの「バール・ド・ジュアレス」やリオの「ガロッタ・ジ・イパネマ」でも名物メニューとしてもお馴染みだ。

ボテコ ボンフルート

「バール・ド・ジュアレス」ではアホース コン ブロッコリー(ブロッコリーのまぜごはん)とのペアリングが定番だが、「ボテコ ボン・フルート」では、やはりボテコでおなじみのアホース・ジ・エスピナフリ(ほうれん草あえごはん)が用意されている。

パステウ(ひき肉、チーズなどを具に入れた揚げパイ)やキビ(ひき割り小麦と牛ひき肉で作るアルブから伝わった肉団子)など、日本でもシュハスカリーアで体験することができるおなじみの定番メニューも、この店ではブラジル人の手作りなので、一味違う。パステウは生地にもこだわっている。

フェイジョン・コン・アホース、カウド・ジ・フェイジョンといった、ブラジルで日常的に親しまれているメニューも楽しめる。これもコクのある家庭の味を提供している。

ボン・フルート ボテコ 揚げポンデケイジョ

ポンデケイジョ・フリットは、日本在住のブラジル人が考案したフライド・ポンデケイジョ。いわば日本発のコミーダ・ジ・ボテコだ。

ワインはプレミアムワインの銘品サルトンがずらり。カシャッサはカイピリーニャのお供ベーリョ・バヘイロに加えて、セレッタ、ボアジーニャなどのクラフトカシャッサが楽しめる。マテ茶はオーガニック栽培で知られるトリウンフォの緑茶タイプを用意している。

ボンフルート 哲平

カウンターとテーブルを合わせて約20席と、こぢんまりとした、アットホームな雰囲気のお店だ。

内装や外装の壁面に使った、俗にアズレージョ・ジ・ボチキンとも呼ばれる2色のタイルも、ブラジルのボテコを想わせており、山田哲平さんの“ボテコ愛”が伝わる。

ボテコ ボンフルート

「BOTECO BOM FRUTO」日本橋人形町店
住所:中央区日本橋人形町2-1-7リビオ日本橋人形町105
(東京メトロ 水天宮前駅 7番出口から徒歩1分、人形町駅 A1出口から徒歩2分)
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:00) 日曜・第三月曜休み
Tel:050-1108-3818
HP: www.bomfruto.com
Instagram: bomfruto2017

(写真・文/麻生雅人)

■関連記事
「男の子は青、女の子はピンク」…閣僚の失言に国民がすかさずSNSで反応
リオの人気バッグ・ブランド「ジルソン・マルチンス」が日本に本格初上陸
「RIZIN.14」ギャビ・ガルシア選手とバーバラ・ネポムセーノ選手 開催直前インタビュー
エミレーツ航空が“初売りセール”。期間中はマイルも2倍に
【コラム】超高級ホテルでも使われているボディケアブランド「アヴァチン」

このエントリーをはてなブックマークに追加