• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

日本のドローンスタートアップが、ブラジルのドローンサービス企業に出資

ドローン ブラジル

APECやEU、アフリカの諸国やオーストラリアなど、世界で10の支社を構えるドローンスタートアップのテラドローンが、ブラジルのドローンサービスプロバイダーであるPlimsoll UAV(リオ・ダス・オストラス)と出資契約を締結して、Terra Drone Brazilを設立すると発表しました。

Plimsoll UAVは、ドローンを使ったオイルやガスの点検に関して、ブラジルにおけるリーディングカンパニーとのことです。

100基以上の浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)を持つブラジルは、同設備の保有数で世界最大規模を誇っています。Plimsoll UAVはFPSOの点検を得意としているとのことです。

一方、テラドローンは、ドローンを用いたレーザー・写真測量を実施、高精度3次元図面を短時間で作成、施工管理に役立つサービスを国内外で提供しているとのことです。

テラドローンは、同社が持つ3次元測量のノウハウや最先端技術と、Primosoll UAVの持つブラジル国内での幅広いネットワークを組み合わせることで、更なる幅広い顧客層の拡大につながることを期待しているとしています。

今後Terra Drone Brazilは、ブラジル国内でのオイル&ガス分野に対するサービスの多様化を実現すると共に、送電線、マイニング、セルタワー、地理情報システム等の分野にも事業を拡大していくとのことです。

(文/麻生雅人、写真提供/テラドローン)

■関連記事
いよいよ開幕、州選手権。そして2019年のブラジルサッカー スケジュールは…?
ブラジルの“ボテコ料理”が楽しめる「ボン・フルート」が人形町に開店
「男の子は青、女の子はピンク」…閣僚の失言に国民がすかさずSNSで反応
リオの人気バッグ・ブランド「ジルソン・マルチンス」が日本に本格初上陸
「RIZIN.14」ギャビ・ガルシア選手とバーバラ・ネポムセーノ選手 開催直前インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加