• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!
検 索

ネルソン・ピケJr.

ネルソン・ピケJr. (Nelson Piquet Jr)

  • 生年月日 : 1985年7月25日
  • 名前 : Nelson Angelo Piquet ネウソン・アンジェロ・ピケ
  • 名前2 : Nelsinho Piquet ネウシーニョ・ピケ
2014年よりフォーミュラEに、チャイナ・レーシング・フォーミュラEチーム(シーズン中にチーム名を「ネクストEV TCR・フォーミュラEチーム」に変更)より参戦。

第6戦ロングビーチ大会で自身初勝利を挙げ、F1初優勝を同じくロングビーチの地で飾った父親のネルソン・ピケと親子2代、同コースでの初勝利となった。

第9戦のモスクワ大会で2勝目を挙げるなど終始安定した走りを披露。セバスチャン・ブエミとの優勝争いは最終戦のロンドン大会にもつれ込んだ。

ロンドン大会は予選で悪天候に見舞われ、グリッド16からスタートし、7位に終わったが、5位に入ったブエミに1ポイント差で競り勝ち、初代年間チャンピオンに輝いた。

しかし、第2シーズン(2015年)は、開幕戦(北京)15位、第2戦(マレーシア プトラジャヤ)では8位と優勝争いには一度もかかわることができていない。

ネルソン・ピケJr.の最新情報

FIA(国際自動車連盟)の管轄による、電気自動車によるフォーミュラカーレース「FIAフォーミュラE選手権」。 2014年9月に開幕して以来、電気エネルギーのペース配分が勝敗を分けるという高い戦略性と、全コース市街地レースならではの激しいクラッシュなど、スリリングなレースが展開されてきた。 全11戦で争われている初年度チャンピオンシップは、ここまで6戦を終えているが全ての大会でそれぞれ異なるドライバーが優勝するという大混戦となっている。 そんな中、トップの座についているの...[続きを読む]
南米が舞台となっているFIAフォーミュラE選手権のセカンド・シーズン、第3戦と第4戦。その第4戦が2月6日(土)、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスにて開催される。 現在、総合ドライバーズランキングで15位と低迷しているファーストシーズン覇者ピケJr.は、果たして巻き返し成るか!? ウルグアイで行われた第3戦を振り返っておこう。 第3戦は、第1戦、第2戦で連続してポールポジションを獲得するなど絶好調のセバスチャン・ブエミ(ルノー e.ダムス)が今季2勝目を挙げた。 ...[続きを読む]
2月18日(土)、日本時間の22時30分からアルゼンチンのブエノスアイレスで、FIAフォーミュラE選手権第三シーズン第三戦のフリー走行、予選、そして決勝が行われる。 フリー走行は20時30分から、予選は11時50分から、決勝は3時50分から(日付は19日)。今年に入り第三シリーズでは新星が活躍しており、スイスのブエミ、ブラジルのジ・グラッシによる2強体制をおびやかしつつあるという。 電気自動車のフォーミュラカーレース「FIAフォーミュラE選手権」はF1と同様にFIA(国際自動...[続きを読む]
誰もが認めるブラジルNO.1の最速ドライバーだったアイルトン・セナ。事故で亡くなっても彼の伝説は生き続け、彼の死の周忌には毎年彼のことを偲ぶイベントがいろいろな場所で開催される。 そのセナの死を悼み、最も彼のことを理解していた人のひとりが、ライバルだったアラン・プロストだろう。 そんなふたりの名が、時を越えて再び世間の注目を浴びることになった。 彼らの名前が注目されているのは、FIAフォーミュラE。F1と同じく国際自動車連盟(FIA)が管轄するフォーミュラカーレースだが、電気自...[続きを読む]
電気自動車による公道レース、FIAフォーミュラE選手権がいよいよシーズン最終章。最終戦となる第10戦、第11戦(イギリス ロンドン大会)が6月27日(土)、28日(日)に開催される。 フォーミュラEの初代“年間王者”をネルソン・ピケJr. 、ルーカス・ディ・グラッシ(ルカス・ジ・グラッシ)というブラジル勢2人が争う本大会は日本でも生中継される。 2014年9月に開幕したフォーミュラEのファーストシーズンも、残すはイギリス・ロンドンでの2大会のみとなった。「初代年間王者」をかけ...[続きを読む]
電気自動車による公道レース、FIAフォーミュラE選手権がいよいよシーズン最終章。最終戦となる第10戦、第11戦(イギリス ロンドン大会)が6月27日(土)、28日(日)に開催される。 フォーミュラEの初代“年間王者”をネルソン・ピケJr. 、ルーカス・ディ・グラッシ(ルカス・ジ・グラッシ)というブラジル勢2人が争う本大会は日本でも生中継される。 2014年9月に開幕したフォーミュラEのファーストシーズンも、残すはイギリス・ロンドンでの2大会のみとなった。「初代年間王者」をかけ...[続きを読む]
6月27日にコパ・アメリカで準々決勝を戦うブラジルとパラグアイ。両チームは前大会でも同じカードで対戦しているが、2011年の際はPK戦を経てパラグアイが勝利している。 しかも今回はスター選手のネイマールが不在ということで、パラグアイ陣営ではブラジルに勝てる要素が増えたという意見もある中、逆に慎重な声も出ている。 「ブラジルは今回の試合では有利だと思う。しかし我々が自信を持って完璧な試合運びができれば、準決勝へ進むことができるでしょう」とパラグアイ代表のMFビクトル・カセレスが...[続きを読む]
F1と同じく国際自動車連盟(FIA)が管轄する、電気自動車によるフォーミュラカーレース「FIAフォーミュラE選手権」。 2014年9月に開幕して以来、電気エネルギーのペース配分が勝敗を分ける高い戦略性と、全コース市街地レースならではの激しいクラッシュなど、スリリングなレースを展開している。そんな電気自動車レースの最高峰シリーズ「フォーミュラE選手権」の第2幕がいよいよ幕を開ける。 記念すべき初代ドライバーチャンピオンシップに輝いたのは、ネクストEV TCRのネルソン・ピケJr...[続きを読む]
ブラジル人に良く聞かれる質問の一つに、「この日本人は男なのか女なのか?」というのがあります。 これはポルトガル語の名詞には男性形と女性形があり、それぞれに語尾に法則があることから起こるスレ違いです。例えばマサコ(MASAKO)さんというのは、日本ではまず女性の名前ですが、語尾が、名詞の男性形の語尾につく「O」となっているので、ブラジル人としては男だと思ってしまうわけです。 ブラジル人が、間違えて「セニョール・マサコ」というメールを出したら、「あたしは女よ!」というお叱りを受け...[続きを読む]
世界各地で転戦している「FIAフォーミュラE選手権」。今週、遂にパリで初開開催される。セーヌ川、凱旋門、エッフェル塔もほど近い"市街地コース"をルーカス・ディ・グラッシが激走!? フォーミュラEも、いよいよ折り返し。4月23日(土)に開催されるパリ大会から、舞台はヨーロッパへと移る。 パリは、2ndシーズンから新たに加わった大会開催地。パリ市中心に特設されるコースは、ナポレオンの棺が置かれている歴史的建造物のひとつであるアンヴァリッド(旧軍病院)を周回するレイアウト。凱旋門・...[続きを読む]