ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!
検 索

ルカ

ルカ (Luka)

  • 生年月日 : 1979年1月26日
  • 名前 : Luciana Karina Santos de Lima
  • 名前2 : Luciana Lima
歌手、シンガーソングライター。リオグランジドスウ州ポルトアレグリ市生まれ。

7歳でヴィオラォンを弾き始め、16歳でプロとしてリオグランジドスウ州の小さなバールなどで活動を開始。当時はルシアーナ・リマと名乗っていた。また、同州で有名な音楽フェス「プラネッタ・アトランチーダ」にも出場した。

同時にピアノや音楽理論を学び、さまざまなプロジェクトに参加した。パラグアイにも2年間滞在してアレピーというコーラス・グループでも活躍した。

2002年、TVグローボのオーディション番組「ファーマ」に出場、最終選考までは残れなかった。

2003年にダンスポップス「Tô Nem Aí(ト・ネン・アイー)」でデビュー。この曲の作曲陣にはラティーノも名を連ねている。「Brasil Hot 100」で1位を獲得した。TVグローボの人気学園ドラマ「マリャサォン」シリーズのサウンドトラックCDにも収録されたほか、シボレーのCFソングにも起用された。また、TVグローボのバラエティ番組「ドミンガォン・ド・ファウスタォン」で、今年の音楽部門の最優秀賞を受賞した。

その後、セカンドシングル「Porta Aberta(ポルタ・アベルタ)」、同タイトルのファーストアルバムを発表。「Porta Aberta(ポルタ・アベルタ)」も「Brasil Hot 100」で1位となった。こちらは人気コメディアン、ヘナート・アラガォンが主演した映画「Didi Quer Ser Criança(こどもになりたいジジ)」のサウンドトラックCDに収録された。また「マリャサォン」ポルトガル版でオープニングテーマに起用された。

同アルバムから3枚目のシングル「Difícil Pra Você(ジフィーシウ・プラ・ヴォセ)」(ビリーとのデュエット曲)をリリース。この曲は2005年の7時台のテレノヴェラ「Começar de Novo(コメサール・ジ・ノーヴォ)」でイザベウ・フィラージス演じるキャラのテーマ曲として起用された。

同2005年、イタリアのDJが参加したシングル「Enamorada(エナモラーダ)」がヨーロッパでリリースされ同地方でヒット。ファーストシングル「Tô Nem Aí(ト・ネン・アイー)」のリミックスヴァージョンがドイツのクラブ、イタリアのMTVでヒットして、北米でもリリースされた。日本やスペインなど国外でもショウを行った。

2006年、1作目よりロック寄りになったと本人が語るセカンドアルバム「Sem Resposta(セン・ヘスポスタ)」を発表。同アルバムからの最初のシングルは表題曲となった。全11曲中7曲が自作曲で、他の曲も同州の音楽家の曲が起用された。

2009年、サードアルバム「O Próximo Trem(オ・プロッシモ・トレン)」を発表。これはオールドスタイルのライヴアルバムだった。同アルバムからのシングル「Cinderela Doida!(イカれたシンデレラ)」も2009年最もラジオで流された曲リストに名を連ねた。

2010年、シングル「ラヴ・イズ・フリー」を発表。ビデオクリップをハファエウ・アウメイダが監督を務めた。LUKAはこの曲を契機にソニー・ポルトガルとも契約を結んだ。

2014年、新しいシングル「Fala Com A Minha Mão(ファラ・コン・ア・ミーニャ・マォン)」をラティーノと共作。この曲は4作目のアルバム「Céu de Diamantes(ダイヤモンドの空)」に収録された。

最新アルバムはヒット曲のアコースティック・ヴァージョンを収録したものでyoutubeのビデオシリーズと連動した企画となっている。

ルカの最新情報

2018年7月1日(日)、在日ブラジル人が多く暮らすことでも知られる群馬県大泉町で、ブラジル関連のイベントがふたつ、開催される。 11時からは大泉町文化むらで在日ブラジル人のスター発掘イベント「Novos Talentos」が開催される。 同イベントは、プレゼンターのジョニー佐々木による「日本に住むブラジル人に常に夢を持って生きて欲しい」という思いから2013年にスタートした。 事前審査で選ばれた30名の候補者たちだが歌声を競い合う。 今年はゲストでブラジルから歌...[続きを読む]
中にごろっとフルーツの実が入ったアイスキャンディー「パレッタ」。発祥地といわれるメキシコでは、そのほとんどが自家製で、店舗ではなく手押し車で販売されることが多いそうだ。 そんなメキシコの伝統的な氷菓はブラジルに2011年ごろに上陸。メキシコを旅行で尋ねてパレッタを知った夫婦が、帰国後パラナ州クリチーバ市で開店した「パレテリーア」がブラジルにおける先駆的なブランドのひとつと言われている。 ピコレーと現地で呼ばれるアイスキャンディーが街中の軽食店、新聞雑誌スタンドなどで売られてい...[続きを読む]
2016年2月26日(日)、27日(月)、ブラジル、リオデジャネイロのサンボードロモ・マルケス・ヂ・サプカイーで12のエスコーラ・ヂ・サンバ(サンバ団体)、エスペシアウ部門の行進が行われ、現地時間3月1日(水)にコンテストの結果が発表された。 2017年の優勝は、マドゥレイラ地区の名門ポルテーラ。1970年以来33年ぶりの優勝とあり、町は歓喜に満ち溢れた。 さらにカーニバル終了から約1ヵ月後、審査の過程で手違いがあったことがわかり、リオデジャネイロ・エスコーラ・ヂ・サンバ協会...[続きを読む]
2013年の6月29日、世界最大といわれるロックフェス、グラストンベリー・フェスティバルに初出演して話題を振りまいたばかりのローリング・ストーンズ。 今度はフロントマンのミック・ジャガーが2014年の11月に、リオで大規模フェスを開催したいと語っているという関係者の談話を、8月17日付けで英タブロイド紙「サン」WEB版が伝えている。イベントは、ヒッピー色を打ち出したものになるという。 「サン」のニュースだけに信憑性はなかなか微妙なところだが、ミックはブラジルとは深いつながりが...[続きを読む]
サンパウロの裁判所がFacebookに対し、とある投稿を48時間以内に削除するよう求める異例の判決が下したと、「G1」、「Veja」(共に電子版)などが10月3日に報じた。 事の発端は今年の1月、モデル兼テレビ司会者のルイージ・アウテンホーフェンと、その隣人で歯科医のエウデス・ゴンジン・ジュニアとの間に起きたご近所トラブルだった。 ルイージが飼う犬 (ピットブル) がエウデスの敷地内に侵入。彼の子供たちを威嚇したため、エウデスは犬を鉄の棒で殴った。そのことに立腹したルイージは...[続きを読む]
2014年のワールドカップが開催されるブラジルで、会期中(2014年6月12日、サンパウロで開幕~7月13日、リオデジャネイロで閉会)の航空機運賃の行方が注目されている。 国内12都市で開催される今大会では国内の主な移動手段は航空機と目されるが、ブラジルの国内線の航空運賃は、リオ-サンパウロ間のオフシーズンの運賃で約R$227.00(約10,000円)ほど。 「フォーリャ」(電子版)は10月14日(火)、TAM(タン)航空の会期中のリオ(サントス・ドゥモン空港)-サンパウロ間...[続きを読む]
「プジン~ブラジル風カスタードプリン~」が話題の雪印メグミルク。プジンより一足先にアサイーを使った「ヨーグルトデリ アサイーミックスボウル」を3月18日(火)に発売した。 「ヨーグルトデリ アサイーミックスボウル」は、アサイーボウルをイメージした、フルーツとシリアルを組み合わせた“ヘルシーな食事代替ヨーグルト”。新開発されたボウル型の容器に入っている。 アサイーを中心に、果肉(いちご、りんご、白桃)、果汁(バナナ、ブルーベリー)と、複数のフルーツを組み合わせている。アサイーは...[続きを読む]
様々な種類の肉料理店が集まる渋谷肉横丁に、4月17日(木)、シュラスコ(シュハスコ)のお店がオープンした。その名も、「ブラジリアン酒場 デビル」。 実はこのお店、新装開店する以前は「デビルチキン」という名のローストチキンの店だったという。 当時、学生ながらアルバイト店長を務めていた中井貴公さんが学校を卒業するにあたり、腰を据えてお店に取り組むことに。その際、シュラスコのお店に全面改装した。 シュラスコに取り組むことにした理由は、もともと中井さん自身がラテン音楽やラテンの...[続きを読む]
サッカーのワールドカップ開催まで10日の時点で、開催12都市の空港のうち11空港は工事中で、3空港の工事完成はW杯後となることがわかった。(6月)3日付フォーリャ紙が報じている。 ブラジル空港インフラ業務公社(INFRAERO)は2日、ミナス・ジェライス州ベロ・オリゾンテのコンフィンス空港、アマゾナス州マナウス、ペルナンブッコ州レシフェの3空港の工事の一部は「完成がW杯後になる」ことを認めた。 特に遅れが目立つのはコンフィンス空港だ。運営がはじまるのが開幕日の12日となるうえ...[続きを読む]
いよいよ6月12日(木)に開幕するFIFAワールドカップブラジル大会。すでに始まっている応援ムードを現地メディア(「ジョーヴェン・パン」6月11日づけ)が報じている。 開幕戦が行われるサンパウロのアレーナ・ヂ・サンパウロ(コリンチャンス・スタジアム)通称イタケラォンでは、待ちきれないサポーターたちが柵の外側に続々と集まり始めているという。 写真を撮影したり歌を歌ったりしながら喜びを発散して世界最大のサッカーの祭典の開幕を待ちわびている模様。 (文/麻生雅人、写真/Mar...[続きを読む]