• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!
検 索

ディエゴ・ロザーノ

ディエゴ・ロザーノ (Diego Lozano)

  • 生年月日 : 1984年6月25日
  • 名前 : ヂエゴ・ロザーノ
1984年サンパウロ州サントアンドレー生まれ。 子どもの頃に両親が離婚したため、朝早くから夜遅くまで外で働いていた母親に代わり、料理と弟の面倒をみるのが自分の役割だった。 最初の菓子づくりは、女手ひとつで兄弟を育ててくれている母親に贈るためのケーキだった。祖母からレシピを聞いて作ったはじめてのケーキは砂糖と塩を間違えてたため失敗に終わったが、2度目の挑戦で驚くほどおいしいケーキが完成したことから、スイーツづくりに目覚めた。 14歳のとき、母親に勧められてスイーツを本格的に学ぶことに。全国工業職業訓練機関(SENAI)在学中からハラウジなどのチョコレートメーカーでも仕事をしていたという。23歳のときアレックス・アタラのレストラン「ドン」で働く機会を得た。同じころ著名なベルギーのチョコレート製造機器を扱う会社のブラジル支店をサンパウロに開設して営業責任者を務めた。その後、ディエゴ・ロザーノ製菓学校を設立した。 パリの「サロン・デュ・ショコラ」で2年に1度開催される創作チョコレート菓子の世界選手権大会「ワールド・チョコレート・マスターズ」には第二回大会(2007年)と第六回大会(2015年)にブラジル代表として出場。第六回大会では、決勝戦で最多の一般投票を得たファイナリストに送られる「ソーシャルメディア賞」を受賞している。

ディエゴ・ロザーノの最新情報

インスタグラム多くのフォロワーを持つブラジルのパティシエ、ディエゴ(ヂエゴ)・ロザーノさんが、12月18日(火)から、特別にプロデュースしたスイーツを期間限定で販売すると、ディエゴ・ロザーノ・ジャパンが公表しました。 販売されるのは「Belem ベレン」と名づけられたスイーツで、都内最大級の屋外スケートリンク「TBS White Sacas 11th」のテーマ曲をイメージして作られたコラボレーション・スイーツとのことです。価格は600円になります。 今回販売されるスイ...[続きを読む]
東京・銀座に本店を構えるフランス菓子店ブールミッシュ(BOUL' MICH)が、2019年のバレンタイン企画として「世界のカカオから」をテーマに限定商品を販売している。 このうち「世界のカカオから<ショコラ>」は、ブラジル、ペルー、マダガスカル、パプアニューギニア、ガーナの5カ国のカカオをセレクト。産地ごとの個性を生かした風味のチョコレートが堪能できる。 チョコの表面には、各国のイメージに合った模様も施されている。ブラジルは、カーニバルの衣装をイメージしたかのようなイラストが...[続きを読む]
松屋銀座では1月30日(水)から、8階イベントスクエア「GINZA バレンタイン ワールド」を中心に全館でバレンタインフェアを開催しています。 同イベントの今年(2019年)のコンセプトは「テーマパーク」とのことで、8階メイン会場では、国内外から選りすぐった人気ショコラトリーのボンボンショコラをはじめ、焼菓子や和菓子など幅広いジャンルのアイテムをテーマパークのようにエリア別に展開しています。 イベントでは例年以上に実演販売に力を入れているとのことで、人気のソフトクリームが5ブ...[続きを読む]
渋谷区恵比寿にあるギャラリーで、ブラジルのぺルナンブッコ州ヘシーフィ これまでインタビューで好きなアーティストとして、ダリや、草間彌生、横尾忠則、リチャード・ハミルトンなどの名を挙げているペドロ・ネコイは、雑誌や広告の図版、動物の写真などを素材に製作するコラージュ作品を得意とする作家だ。 今回の展示では、日本の古書店で蒐集したという雑誌の図版などを使って制作した作品を発表している。 現実の世界にあふれているありふれたビジュアルと非日常的なビジュアルを独自の視点で編集...[続きを読む]
J-WAVE開局以来の長寿番組、放送30周年を迎えた「NIPPON EXPRESS SAÚDE! SAUDADE...(サウージ!サウダージ)」(毎週日曜17:00~17:54放送/ナヴィゲーター:滝川クリステル)がプロデュースする、毎年恒例のイベント「サウージ!サウダージ..カルナヴァル 2019」が、本場ブラジルのカルナヴァウ(2019年は3月1日~5日)に先駆けて、今日、2月11日(月・祝)、渋谷で開催される。 第23回目を迎える今回は、同イヴェントの顔Saigenji、ヴォ...[続きを読む]
インスタグラムで36万4000人のフォロワーを持つブラジルのパティシエ、ディエゴ(ヂエゴ)・ロザーノさんが、来年(2019年)の1月30日から松屋銀座で開催される「バレンタインフェア2019」に参加してオリジナルのスイーツを販売することを、10月22日(月)、駐日ブラジル大使館で発表しました。 ディエゴさんは、パリの「サロン・デュ・ショコラ」で2年に1度開催される創作チョコレート菓子の世界選手権大会「ワールド・チョコレート・マスターズ」には第二回大会(2007年)と第六回大会(20...[続きを読む]
日本各地で古来から親しまれてきた、魚類・魚介類を原料に使った調味料、「魚醤」。使う魚介も国や地方によってさまざまで、秋田県のしょっつるではハタハタなど、タイのナンプラーではアンチョビなどが使われる。 2月14日(水)から開幕したフードビジネスの業界向け商談展示会「スーパーマーケット・トレードショー 2019」で、ブラジル産の、ピラニアを使った魚醤が紹介されている。 「ピラニア醤油」は、ピラニアエキスが入った醤油とのこと。 日系人が多く暮らし日本の文化が浸透してい...[続きを読む]
先日、カンピーナス州立大学に通う日本人のAさんと話していた時のこと。 彼が仲良くなったウーバーの運転手が、カンピーナス空港へ向かうついでに親切にもサンパウロでは有名な遊郭「イタチンガ」に連れて行ってくれたという話をしてくれました。 Aさん曰く、この花街ではどんな顧客の嗜好にも応えるだけの体制が整っており、分かりやすい例としては、ゲイやトランスジェンダーの顧客のニーズにも応えることができるのだとか。 そして、驚いたことに車から通りを眺めるAさんを勧誘してきたのは、上半身に...[続きを読む]
ブラジルの健康食品市場の成長は、相変わらず勢いが衰えていないようだ。 ユーロモニターインターナショナルによる2017年の調査結果をブラジル中小零細企業支援機構(セブラエ)などが伝えている。 調査結果によると、ブラジルの健康食品および飲料市場は、過去5年間で平均12.3%の成長を示しており、2016年だけでもこの分野では936億レアルの売上げがあったという。健康食品市場の世界ランキングでは5位とのこと。 また、2021年までに同国のこの分野の市場は平均4.41%成長する見...[続きを読む]
神戸どうぶつ王国で冬の人気イベントとなっているカピバラたちのお風呂「カピバラスパ」が、今年も11月23日(木・祝)からスタートすると同動物園が発表した。 カピバラは、南米を中心とする、水辺の森林地帯、湿地帯、季節によって浸水するサバンナ地帯などに生息する齧歯目の動物。 ミナスジェライス州のグランジ・ドウラードス連邦大学農業科学学部が2012年に発表した食肉としてのカピバラの品質に関するレポートによると、カピバラ属(Hydrochoerus)には H. hydrochaeris...[続きを読む]