ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!
検 索

ダニロ・ザノリニ

ダニロ・ザノリニ (Danilo Zanolini)

  • 生年月日 : 1980年7月29日
キックボクサー。身長174cm、体重75kg。ブラジル出身。

99年に単身で来日をすると、持ち前の行動力でネットワークを広げ、今では国内に11支部、ブラジルにも11の道場を持つ「ブラジリアン・タイ」を築き上げた。

プロデビューは07年8月。以降HEATを主戦場とし、10年3月にはHEATキックルールミドル級タイトル獲得する。現在HEATでは王座を6度防衛し14連勝中。

また、RISEでは13年11月に初代RISEウェルター級王座決定戦に勝利すると、ベク・マンソン、健太から勝利し、現在2度の防衛を果たしている。

さらに15年11月にはフランスのフィリップ・サモンを破りISKAスーパーウェルター級王座も獲得している。

記事・写真提供:http://www.rizinff.com/

ダニロ・ザノリニの最新情報

3月27日(日)愛知県ホテルプラザ勝川にて行われた「DEEP NAGOYA IMPACT 公武堂ファイト」に、「トップPresents RIZIN.1」への出場が決定したダニロ・ザノリニ、悠矢、元谷友貴の3選手と、榊原実行委員長が登場。リング上で間近に迫ったRIZIN.1へかける意気込みを語った。 地元格闘技ファンからの大きな拍手とともに、榊原実行委員長がリングにインし「名古屋は私自身の出身地でもある場所。ここから世界に通用するファイターが登場することを願っています。4月17日のR...[続きを読む]
世界中にある格闘技の団体の中から本当に強い格闘家だけを集めて試合を行う、格闘技のオリンピックのようなRIZIN。 しかし彼らが目指すのは、単なる"格闘家たちオールスター興業"ではない。異なる文化を持つ団体に所属するファイター同志が戦える舞台を作る...それがRIZINに理念だ。 2015年に旗揚げされたRIZINが、来る4月17日に日本ガイシホールで新たな試合を行う。そして今回の「トップ Presents RIZIN.1」でも、ブラジル本国、および日本のブラジル人コミュニティ...[続きを読む]
WHOによる世界の交通事故死のデータによると、ブラジルでは交通事故で命を落とした人は、10万人あたり23.4人だったそうです。同じ調査によると、日本は10万人あたり4.7人です。 単純に計算すると、ブラジルでは交通事故で死ぬ確率が日本よりも5倍高いということができます。 ブラジルに滞在したことがある人であれば、ブラジルで交通事故死が多いという事実に違和感を覚えることは無いと思います。 ブラジルでは月に一回は何かしらの交通事故を見かけますが、その度に疑問に思うことがありま...[続きを読む]
ここ数年、サンパウロでは渋滞が社会問題化している。グローボ系ニュースサイト「G1」が4月8日づけで報じたところによると、同日、今年の渋滞記録が塗り替えられたという。 交通工学公社(以下「CET」)によると、4月8日18時、サンパウロ市内で総距離にして289キロの渋滞が確認されたとのことだ。 直前の記録は今年3月23日19時の276キロだった。 CETによると、2004年に記録を取り始めて以来、歴代最悪の渋滞は2014年5月23日19時の344キロだという。 (文/...[続きを読む]
日本を拠点にしながら、世界を視野に入れて活躍するシンガーソングライター/マルチメディアアーティスト、YOHAN(ヨハン)。 出身はブラジルのパラナ州クリチーバ市。7歳のときに家族と共に日本へやってきて、東京で育った。その後、ブラジルと日本を行き来しながらファッション業界で活躍。ブラジルでは、人気ブランド、アニマーリのビジュアルマーチャンダイザーも務めている。 2015年に発表した「#PopLife」につづく2作目のシングル曲「Thursday High」を発表して、シンガーソ...[続きを読む]